So-net無料ブログ作成
検索選択

鹿島槍ヶ岳のライチョウ [山行記録2017]

鹿島槍ヶ岳のライチョウ
   2017/8/20

鹿島槍ヶ岳山頂にいる人も少なくなったころ、下山。   12:45

昨朝、爺ヶ岳・南峰の下でライチョウの声が聞こえ、飛び去るのを見ましたが、以降その気配はありませんでした。  が、鹿島槍の登り下りの登山者がいない時間帯になったからでしょう、下山道にライチョウの一家がいました。

調子よく歩いていると、先頭が「ライチョウ!」      13:12
大きくなったライチョウの子供たち5匹が礫の多い登山道の真ん中で砂浴びです・・・
DSC00570.jpg
DSC00572.jpg
人の気配を感じるも、悠然と砂浴びを続けます
DSC00574.jpg
DSC00575.jpg
DSC00577.jpg
ここは僕たちの世界です!  チョット待っていて!!
DSC00578.jpg
DSC00580.jpg
アップ
DSC00580-1.jpg

子供がいることは親鳥も? と、探すと、
我々より高い位置のハイマツの端で草の実を啄みながら・・・・
DSC00583.jpg
DSC00585.jpg
DSC00586.jpg
DSC00587.jpg

親たちは我々を見てもあわてる様子もなく、警戒の声を発することもなく、
ゆっくりと横を通って子供たちの砂浴びしている登山道に降りていきました
DSC00589.jpg
DSC00590.jpg
DSC00591.jpg
DSC00592.jpg
DSC00593.jpg
DSC00595.jpg
DSC00596.jpg
DSC00598.jpg
子供たちが砂浴びしていた場所で、同じように親たちも砂浴びを・・・・
DSC00600.jpg
DSC00601.jpg
DSC00602.jpg
そして礫と草の合間に移動していきます。

我々4人は道が塞がれて歩けませんが、親子を眺められる貴重な時間・・・・
DSC00603.jpg
DSC00603-1.jpgアップ 足元にライチョウ
DSC00603-2.jpg
その内にライチョウの子供たちが礫の中に、そして親もその後を追っていく。

この中に3羽のライチョウがいます  分かりますか?
DSC00606.jpg

道が空いたので、我々も登山道を歩き始めると、すぐ横で
ライチョウの親はジ~ッと見送ってくれます?  監視している??
DSC00608.jpg
DSC00609.jpg
DSC00610.jpg
DSC00613.jpg
DSC00615.jpg

ライチョウ親子たちの住み家   と 鹿島槍の山頂 12:18
DSC00617.jpg

   ☆

登山道に飛んできて、登山道を先導してくれました
DSC00537.jpg
DSC00538.jpg
DSC00540.jpg

   ☆        ☆

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る