So-net無料ブログ作成
検索選択
山小屋2008 ブログトップ
前の30件 | -

林道工事 [山小屋2008]

林道・作業道が通る

一大事件です。
6月に「山小屋近くを林道・作業道が通る」と知らされ、同意を求められました。

近年、社会情勢としてCO2 削減に関する動きとして森林保護の必要性が叫ばれている。
森林が荒れている → 森林が管理されていない → 管理するために道路を造る → 林道に予算が付く →  地元は永年の要望が叶う。

でも、我々にとっては晴天の霹靂でした。

  ☆

山小屋が建てられた42年目前の状況は高原の山小屋でした。
P967042903-1南西面.jpg
その後、小屋の周囲の植林が大きく育ち、
登山道でのみ入れる森の中に隔離された山小屋でした。
DSC08290.jpg

   ☆

今回の林道工事は一大事件でした。

山小屋の小屋番として山小屋管理運営委員会はもとより、総勢500名弱のOBOG会と現役メンバーに相談しました。
結果、「地元の生業でもある林業の将来」と「山小屋の環境」との兼ね合いの問題であり、地元の皆様の生業である林業の発展を目指しての林道計画に対して、常々お世話になっているクラブとして異論を挟めるものではありませんでした。

当初、地元としては道路が通るので便利になって良いだろうとの意向でしたが、我々としてはそうではなくて、逆でした。 自然のままの自然が良かった。 話し合いの結果、地元も我々の意向を理解していただき、その後はサポートしてもらえました。
  
希望として、
第一義的には、山小屋の存続の生命線でもあります水の確保。
第二義的には、環境面から現在の環境に満足すると共に、セキュリティー確保の上からも林道は山小屋からなるべく遠ざけたい旨のお話しをさせてもらいました。 当初に提案された「小屋の前を通る案」はお断りしたが、我々の希望のルートは県の助成金を既に受け入れている為に拒絶されました。  一言、無念でした。

現在、一部希望を取り入れ、一部希望を拒否の形で県の許可が下り、森林組合の直接工事で作業道として施工されています。  
DSC08453.jpg
DSC08442.jpg

社会の動きが山奥にある山小屋の環境をも変えたことになります。

   ☆       ☆

新たな環境でも、この山小屋への愛着は薄れることはないでしょう。

ただ、工事の進捗が気になり、山よりも山小屋行きが多くなっています。
このBlogもその影響が多く受けていますが、悪しからず、ご了承ください。

  ☆       ☆

タグ:林道 作業道
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

植林の樹木 [山小屋2008]

植林の樹木

土壌の湿分による樹木の性状は明白である。

山小屋より低地の植林の樹木
DSC08150.jpg

山小屋より高地の植林の樹木
DSC08462.jpg

  ☆   ☆
タグ:材木
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ナラ枯れ現象 [山小屋2008]

ナラ枯れ現象

地元の皆さんからの情報では、
日本海側→九頭竜湖周辺から伝わってきた現象のようですが、ナラの木が点々と赤く枯れてくる現象が石徹白~檜峠辺りにも発生している。

DSC08468.jpg

地元では”ナラ(キ)クイムシ”と聞きましたが、カシノナガキクイムシという木食い虫が運ぶ病原菌による、樹木の伝染病だそうです。

インターネットで調べると、日本海側から東北辺りまでナラ枯れ現象は広がている。古株のナラ材が狙われるようで、古い木はそれなりに材木として利用してやらないといけないとか・・・。   森林も植林も放置しているだけでは問題が発生してくるようです。

赤松の松くい虫だけではなく、広葉樹にも害虫が広がっている。 困った現象である。

  ☆    ☆
タグ:ナラ枯れ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥美濃・秋の花 [山小屋2008]

奥美濃・秋の花

DSC08327.jpg
DSC08331.jpg

DSC08513.jpg

DSC08519.jpg

   ☆     ☆
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥美濃の朝日 [山小屋2008]

奥美濃の朝日
   2008/10/3

この日も山の端からではなく、雲の中からの日の出でした。

DSC08418.jpg

DSC08424.jpg

DSC08406.jpg

昼間は快晴でした。

   ☆      ☆


タグ:朝日
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥美濃の夕暮れ [山小屋2008]

奥美濃の夕暮れ
  2008/10/2

暮れなずむ頃の奥美濃・静寂の世界です。

17:25:02
DSC08390.jpg
17:25:46
DSC08393.jpg
17:33
DSC08400.jpg
17:42
DSC08405.jpg

  ☆      ☆
タグ:夕暮れ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥美濃の夕日 [山小屋2008]

奥美濃の夕日   
       2008/10/2

最近の奥美濃の朝夕には雲が出て、太陽が山嶺に近づくことが何故か少ない。

久しぶりの奥美濃の山に沈む夕日でした。
17:16
DSC08346.jpg
17:18
DSC08349.jpg
17:21
DSC08368.jpg
17:23
DSC08378.jpg
17:24
DSC08387.jpg

  ☆    ☆
タグ:夕日
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

再び山小屋へ [山小屋2008]

再び山小屋へ   
2008/10/2~4

遠くに台風が通過した次日、ある事情があり、再度山小屋へ。

快晴
DSC08290.jpg
DSC08297.jpg

曇り
DSC08502.jpg

ガスの中
DSC08524.jpg

その後は小雨へ

  ☆     ☆
タグ:山小屋
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥美濃・長良川 [山小屋2008]

奥美濃・長良川
  2008/9/17

朝の長良川  (白鳥⇒郡上八幡・三並)

P9174321.jpg
P9174322.jpg
P9174323.jpg
P9174324.jpg
郡上八幡市街
P9174329.jpg
P9174334.jpg
P9174335.jpg

  ☆    ☆
タグ:長良川
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥美濃・白鳥遠景 [山小屋2008]

奥美濃・白鳥遠景
  2008/9/17

山小屋から降り、郡上市白鳥町前谷地区へ
P9174306.jpg

白鳥⇔(油坂道路)⇔福井 国道R158
P9174312.jpg
白鳥町と大日ケ岳
P9174310.jpg
白鳥⇔(東海北陸道)⇔白川村・高山
P9174316.jpg
東海北陸道沿い
P9174318.jpg

  ☆    ☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

木漏れ日 [山小屋2008]

山小屋の木漏れ日
   2008/9/17

朝日が昇り、山小屋の森に光が走ります。

6:26
DSC08222.jpg

6:34
DSC08237.jpg

6:42
DSC08260.jpg

   ☆     ☆
タグ:朝日 光の帯
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中秋の名月 [山小屋2008]

中秋の名月     20008/9/15

中秋の名月を山小屋で見る・・・・・・。

DSC08177.jpg

DSC07825-1.jpg

DSC08171.jpg
DSC07924.jpg


☆     ☆


タグ:中秋の名月
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋集結・ファイヤー [山小屋2008]

山小屋集結・ファイヤー  
        2008/9/13 19:00頃~ 

OBOG会会長、現役主将、集結委員会委員長、来客小六生3名 の4本のトーチでファイヤーに点火。

DSC07847.jpg

DSC07851.jpg

DSC07874.jpg

DSC07868.jpg

自身でトーチを持って点火したのは、大学の卒業時以来でした。  

ファイヤーの残り火を静かに眺めながら話し込む、そんな雰囲気も良いのですが・・・・・・・。 
今回は現役の元気の良い浸り切るような踊りで掻き消されたので、年寄りは小屋のストーブを囲んで静かに話し込みました。 めったに話し込むことのない先輩の皆さんと夜遅くまで。

朝早くにファイヤー跡に行くと、一晩中その横でファイヤーキーパしてくれた先輩が居られました。 

   ☆   ☆
タグ:ファイヤー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋集結・夕食 [山小屋2008]

山小屋集結・夕食   
2008/9/13 18:30頃~

76人分のご飯を20Lお釜2つで、おかずを70L大鍋で。 どちらも薪を使います。
DSC07808.jpg

豚汁のおかず。  42年前から小屋にある大鍋と特注ドラム缶釜戸で。
DSC07814.jpg

年寄りが多いから、一人1合も食べないだろう、との予想が大違い、混ぜご飯が足らなくなった。 美味しすぎた?
DSC07831.jpg

DSC07830.jpg

DSC07823-1.jpg

その頃の山小屋は・・・・・・
DSC07844.jpg

大鍋でご飯も炊きたかったですが、残念ながら担当者に自信がなかった・・・・・。 

☆     ☆

タグ:大鍋
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋集結・レセプション [山小屋2008]

山小屋集結・酒宴
   2008/9/13 15時頃~

外界から遮断された標高960mの奥美濃の森の中で事は進みます。
餅つきが進む一方、世代ごとの話しが弾む頃となり、いよいよアルコールが必要になってきました。 余りにも世代感が違い、一つにまとめることで興味が散漫に為らないように、敢えて自由なグループで話を弾ませた。 以降、自由時間、夕食時間、とこの形態で進捗します。

DSC07760.jpg

DSC07761.jpg

DSC07779.jpg

同じ在学時代の4年間の上下は基より、50年を経て、数々のワークや、集会の参加者はそれぞれで話題は結びつき、話は弾みます。 結果として、進捗を担当しながら、酒を飲みながら、話を弾ませながら事を進めましたので、写真は少ないです。 
 
  ☆    ☆
タグ:山の酒宴
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋集結・餅つき [山小屋2008]

創部50周年記念・山小屋集結
  2008/9/13

クラブが創部して50年、今年の1回生はOBOG53期生。 物故者を含め総員で500名近くになりました。
この山小屋は竣工43年目。 山小屋は部外の資金援助なしに、部員、OBOGだけで建てました。当時の若かったOBOGも資金集めを背負いました。 当時の現役も夏合宿後の資金集めに苦労しました(因みに小生は7期で、この世代)。 建設世代は建設費はカツカツ、現役部員の労力で補いました。 機械がない時代、道路のない森の中での建設ゆえに、資材は柱材、梁材総て学生が人力で運び上げました。基礎の礫から砂まで、セメントも学生が運び上げました。 だからこそ、この山小屋には愛着があります。 その後の学生は部員数も減り、管理運営に苦労してきました。 世代世代に苦労が伴った管理運営が為されたからこそ今があり、愛着が生まれています。
でも、最近では山小屋の存在は当たり前で、ワークの対象でしかない存在になりそうで・・・・・・。

その山小屋に創部50周年を期して、より多くのOBOGが集まろう! と、音頭を取らせて貰いました。 
そして、52名ものOBOGとその家族、現役部員の総勢76名が集まりました。 感謝!感謝! です。

地元で特別に作ってもらった大豆の汁の元で作った”ずんだ汁”で出迎え、 先の林業の講習会に始まり、年寄りから若者まで加わって”お祝いの餅つき”をつきました。

山小屋集結開催の前日、準備完了
DSC07665.jpg

処が、当日朝方の本格的の雨で、ブルーシートで作ったテントを張り釜戸を覆いました
DSC07685.jpg 
が、集結時間に近づくにつれ青空が・・・・
OBが寄贈してくれた横断幕を目立たせる為にも、テントを捲り上げることに・・・・・。

集結目標時刻 9/13 13:00 関西から、関東から 集まってきました
DSC07690.jpg

先の林業講習会後に 50周年記念の餅つきです
DSC07736-1.jpg
子供も初めての餅つき
DSC07739-1.jpg
石臼は木製の臼の上に、 これ等はこの家屋に元々あったもの?
1段のセイロはあったのですが、2段のセイロはレンタルです。器具の段取りはOBが担当しましたが、餅米の蒸し方は現役の部員が担当してくれました。

  ☆    ☆






nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

林業ワーク [山小屋2008]

山小屋集結・林業ワークの講習
   2008/9/13

森に囲まれ、森に培われている山小屋ですが、我々は森の事、木の事に無知で、植林、下枝打ち、間伐の知識も皆無。 そこで、地元前谷で林業を営み、元森林組合員の一人、自治会の副会長に講師をお願いした。

DSC07696.jpg
意地悪な質問も・・・「何故、間伐をしなくてよい間隔で植えないのか?」
DSC07702.jpg
根曲がり杉は 苗の選定ミス ・・・・
DSC07704.jpg
では、実際にチェーンソーで間伐材の伐採
DSC07714.jpg
黒い輪  湿分が多い土地では・・・・
DSC07719.jpg

昔の白山信仰が盛んだった頃のルートの資料等も頂きました。
ありがとうございました。

  ☆   ☆
 
タグ:植林 林業
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夏ワーク [山小屋2008]

夏ワーク 
     2008/9/11~16

今年の夏ワークは前半組、後半組に二分し、中間にクラブの創部50周年記念・山小屋集結を組み込むことで、参加総員を最大限に設定しました。  
前半ワークは山小屋周囲の森林から倒木材を集めること、と集会の準備。

毛布の天日干し
DSC07635.jpg
倒木材でファイヤー用の井形組 と薪用材の収集
DSC07663.jpg
総員のおかずは建設当時の大鍋で、その釜戸はドラム缶製と 餅つき用の釜戸と 石臼。
DSC07680.jpg

前半組は往路は JR+高速バス+自主運営バス 、但し、買出し組は早くからの予約でOBの車を出してもらいました。  帰りは OBを乗せる山小屋集結用に調達した貸し切りバスで帰路に。 後半組みは貸し切りバスで来て、帰路は JR で。

  ☆   ☆
タグ:ワーク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥美濃高原の初秋 [山小屋2008]

奥美濃高原の初秋   
2008/9/16

奥美濃の高原は既に秋。
   
スキー場のあるこの地は分水嶺の日本海側です
DSC08065.jpg
DSC08060.jpg

越前の空
DSC08061.jpg
荒島岳
DSC08063.jpg

  ☆    ☆
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥美濃・檜峠のススキ [山小屋2008]

奥美濃・檜峠のススキ   
2008/9/12

奥美濃の標高980mの檜峠辺りのススキは既に花咲き始めています。

DSC07643.jpg
DSC08285.jpg
DSC08286.jpg
DSC08284.jpg

   ☆   ☆
タグ:ススキ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥美濃の朝 [山小屋2008]

奥美濃・白鳥高原の朝
   2008/9/12

天気は悪くはないですが、朝夕に山の上に雲が消えません。

奥美濃・白鳥高原の朝はガスの中
DSC07641.jpg
DSC07642.jpg

DSC07644.jpg

やがて日の出の頃
DSC07646.jpg
DSC07649.jpg
DSC07653.jpg

   ☆    ☆
タグ:白鳥高原
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

9月の山小屋へ [山小屋2008]

9月の山小屋へ   
      2008/9/11

工学部というよりは、WV部機械工学科を卒業した身としては、人生においてその存在感は大なるものがあります。そのクラブで「創部50周年記念・山小屋集会」 と銘打って創部9年で建設した山小屋に集結します。

それに先立っての準備作業と 今冬の薪を作るためのワークに入る食当担当の学生2人と共にOBの車で郡上市白鳥町へ。 地元で食料、台所用具類の買出しをした後、山小屋への道を車で登ります。 他の現役部員8名は電車、バスを乗り継いで山小屋に入ります。
P9114266.jpg
P9114268.jpg

その日の夕べ
P9114270.jpg
P9114274.jpg

  ☆    ☆

タグ:山小屋
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中部縦貫自動車道・油坂峠道 [山小屋2008]

中部縦貫自動車道・油坂峠道     2008/7/30

高所にある白鳥ICから油坂峠道へは高架道路です。それも並みの高架ではありません。 但し、有料期間は過ぎ、現在は無料です。

白鳥IC出口で左が白鳥市街へ、右が油坂峠道の高架道路へ
P7303985.jpg

高架道路の橋脚は1本タイプ
P7303988.jpg

白鳥郊外、長良川を高架でパス
P7303990.jpg

油坂峠への山麓に沿って這い上がり、ループ式トンネル道路で旧油坂峠を越え
P7303994.jpg

  ☆     ☆
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東海北陸自動車道(八幡~白鳥) [山小屋2008]

東海北陸自動車道(八幡~白鳥)
     2008/7/30

八幡~白鳥 区間は今年度中に4車線化が完成する。

現在は工事中の2車線区間   11:29
P7303943.jpg

大瀬子トンネル    11:30
P7303949.jpg

神路トンネル      11:31
P7303953.jpg

平山トンネル      11:38
P7303965.jpg

4車線道路になって白鳥IC
P7303972.jpg

平日はこんなに車が少ないのに、帰路、日曜日にはこの2車線区間が完全に渋滞していました。しかし、従来渋滞していた八幡~三並区間は4車線化が完成したので渋滞は解消です。

   ☆   ☆

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東海北陸自動車道(三並~八幡) [山小屋2008]

東海北陸自動車道(三並~八幡)
 2008/7/30

この区間はこの7月までは2車線区間があり、土日には渋滞常習区間でしたが、現在では4車線化したために、その気配は無くなったようです。

三並~

山田トンネル    11:14:10
P7303917.jpg

深戸トンネル    11:14:14
P7303919.jpg

貝付トンネル    11:15:30
P7303921.jpg

赤谷トンネル    11:15:52
P7303923.jpg

西乙原トンネル   11:16:36
P7303925.jpg

寺本トンネル     11:17:20
P7303928.jpg

雛成第一トンネル  11:17:50
P7303930.jpg

雛成第二トンネル  11:17:56
P7303932.jpg

亀尾島トンネル   11:18:34
P7303933.jpg

~郡上八幡

郡上八幡の盆踊りは全国的にも有名ですが、この高速道が出来るまで、もう一つ古くは30数年前、市街のバイパスが無いときのこの区間の渋滞は猛烈で、岐阜~白鳥間のバスで4時間掛かったことを憶えています。

  ☆    ☆

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東海北陸自動車道(関~三並) [山小屋2008]

東海北陸自動車
  2008/7/30

東海北陸自動車道は大きくは長良川沿いの道路ですが、長良川が蛇行しているので、最短距離を狙う道路は尾根を縫い、川を渡る山岳道路を呈しています。 
山小屋への往路です。

向山トンネル  10:50
P7303880.jpg

平地部分で東海環状自動車道・東部と接続   10:52
P7303883.jpg将来は西部の米原へと接続とか

古城山トンネル      10:58
P7303885.jpg

立花トンネル   11:00
P7303887.jpg

鶴形山トンネル    11:01
P7303890.jpg

上河和トンネル 11:02
P7303896.jpg

母野トンネル   11:03
P7303897.jpg

黒地トンネル    11:04
P7303899.jpg

勝原トンネル    11:05
P7303906.jpg

大矢南トンネル   11:06
P7303907.jpg

大矢北トンネル   11:07
P7303911.jpg

刈安トンネル    11:08
P7303912.jpg

(三並へ )

☆   ☆


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大日ケ岳の花(2) [山小屋2008]

大日ケ岳の花(2)
     2008/8/3

奥美濃・大日ケ岳の花のシーズンは6月半ば~7月半ばでしょうか・・・。

DSC06850.jpg
DSC06854.jpg
DSC06857-1.jpg
DSC06870.jpg
DSC06872.jpg

☆     ☆
タグ:大日ケ岳
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大日ケ岳の花(1) [山小屋2008]

大日ケ岳の花(1)    
2008/8/3

檜峠~大日ケ岳のルートでは、水後山からは樹林帯を抜けて高山気分が味わえ、鎌ケ峰辺りはお花畑が広がります。
夏山の花の最盛期は済んでしまいましたが・・・・・・。
大日ケ岳・山頂辺りは残念ながら視界を狭める程に笹の勢力が強く、花は隠れてしまっています。

DSC06832.jpg
DSC06836.jpg
DSC06846.jpg
DSC06847.jpg
DSC06848-1.jpg
DSC06849.jpg
DSC06903.jpg

☆    ☆

タグ:お花畑
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大日ケ岳登山 [山小屋2008]

大日ケ岳登山
  2008/8/3

速報を挟みましたが、奥美濃の山小屋を続けます。

同期の5名での大日ケ岳(1709m)登山です。
Mr.Ka氏:昨年は雨模様で登山中止。病気後に初めて、奥さん、娘さんに折角装備を整えてもらい、励まされて送り出されて来たのに登山出来ずでしたが、今年は樹氷の高見山を初め、山を歩いて万全を期しての山行です。
Mr.Ok氏:大病をして、人工・・を入れて4年が過ぎ、医者からは飛行機も禁止、登山は勿論禁止ですが、自分でペースを読み取り、自分のペースを作って歩き通しました。 体力には誰よりも自信があった猛者だけに、苦い山行であったでしょうが、自分のペースを掴んだ山行だったのではないでしょうか。でも、気をつけて!

前日までの晴天が、この日に限って曇り。
ガスに包まれた尾根筋
DSC06837.jpg

時々青空も見えるので ガスは低いんですが・・・・・
DSC06860.jpg

鎌ケ峰手前のお花畑
DSC06861.jpg

東尾根も僅かに覗く・・・・
DSC06864.jpg

大日ケ岳の山頂も僅かに・・・・・・
DSC06884.jpg

檜峠~大日ケ岳の登山道は地元・前谷地区の皆さんの手で草刈が行なわれ道幅を確保しています。 草刈が行なわれていなかった過去には、笹が登山道を覆い被さり、突然の蛇にドッキリすることが度々あったことが思い出されます。 今年は少ないようですが熊に対しても、蛇に対しても安心しての登山が出来ます。 
大変な作業に感謝!!

我々は山頂での視界は利きませんでしたが、証拠写真を撮りました。
帰って、奥さんに、娘さんに。 
そして、医者に? いえ、それは出来ません。

  ☆   ☆
タグ:大日ケ岳
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

望遠・北アルプス [山小屋2008]

望遠・北アルプス
          2008/3/22

三脚も使わない歩きながらの写真ですが、白山・大日ケ岳山頂からの望遠・北アルプスです。

穂高岳
 

槍ヶ岳
 

剣岳
 
写真を”まだ大丈夫”と思うところまで拡大しました。

   ☆   ☆

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の30件 | - 山小屋2008 ブログトップ
メッセージを送る