So-net無料ブログ作成
検索選択
山行記録2013 ブログトップ
前の30件 | -

生駒山・横断 [山行記録2013]

生駒山の横断
  2016/12/20

登ろう会156回例会 は生駒山を南から北へ横断です。それから忘年会です。

近鉄・奈良線で生駒山へ一直線
DSC00001.jpg
生駒山に近づくと山麓を駈け上り、枚岡駅へ  
・・・更に山麓を登ってから生駒トンネルです。
枚岡駅から垣間見る大阪市内
DSC00002.jpg

駅前から
枚岡神社 参道
駅前の社名標は「元春日平岡大社」 
DSC00003.jpg
DSC00004.jpg

創祀は皇紀前という枚岡神社
二の鳥居
DSC00005.jpg
拝殿
DSC00007.jpg
御本殿
DSC00008.jpg

谷沿いに生駒山へ・・・・
DSC00009.jpg
神仏混淆時代のお寺??
DSC00012.jpg
谷の最奥で沢を超え・・・・
DSC00013.jpg
さらに、一般国道308号を経て生駒山・山頂への道に取り付く。
狂い咲??
DSC00015.jpg

樹間からの展望  ハルカスが霧?靄?の上に浮かぶ  黄み掛っているのはスモッグ?
DSC00016.jpg
DSC00017.jpg
紅葉が残っている尾根道
DSC00021.jpg
DSC00022.jpg
DSC00023.jpg

生駒山・山頂の一等三角点は遊園地のレールの中・・・   △642m
DSC00025.jpg
DSC00026.jpg
山頂近くは遊園地の中なので、遊具機や店に囲まれています。 
12月から休園中で、メンテ作業が行われています。

生駒山の尾根を山頂から暗闇峠~鳴川峠へ縦走し、南下。
展望
DSC00028.jpg

山頂公園から出ると・・・・
県境沿いの道
DSC00029.jpg
南下するほどに広がる展望
二上山から葛城山、金剛山 が一直線に浮かぶ・・・
DSC00030.jpg
金剛ダイヤモンドトレール全容?    ~岩湧山、槙尾山
DSC00032.jpg

金剛生駒国定公園の記念碑
DSC00037.jpg
大阪市内と六甲山
DSC00036.jpg
DSC00035.jpg
更にダイヤモンドトレールが近づく・・・
DSC00040-1.jpg

ここで生駒山の山上部は終了し、
古来から人の大阪・奈良の往来を可能にしている峠道へ。

    ☆      ☆    


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋大好き一家 [山行記録2013]

山小屋大好き一家
  2016/8/6

夏に冬に、山小屋を別荘代わりにしている一家が来ています。
一家の男の子たちは大学、高校、中学に成長し、親父さんが見守る中、お互い言いたいことを言いながら、長幼の序が通るさまは、親父さんの芯の強さを感じ取れます。

ドラム缶炉と鉄板を使って
一家のバーベキュー    
DSC02074.jpg
DSC02076.jpg

暗くなって・・・・
先輩家族から受け継いでいる 焼きマシュマロ
DSC02086.jpg
DSC02087.jpg

花火を楽しむ兄弟  と写真を撮る親父
DSC02099.jpg
DSC02103.jpg
DSC02110.jpg
DSC02113.jpg
DSC02116.jpg
DSC02125.jpg
DSC02133.jpg
DSC02139.jpg

線香花火の火花
DSC02174.jpg
DSC02175.jpg
DSC02176.jpg
DSC02178.jpg
DSC02179.jpg
DSC02181.jpg
DSC02183.jpg
DSC02186.jpg
DSC02193.jpg
DSC02216.jpg
DSC02217.jpg
DSC02238.jpg
DSC02252.jpg

山小屋を綺麗に清掃して帰路に。
前夜の話では、3男の希望で水族館へ行ったかな??

ステキな一家を見ました。

   ☆

その後メンテワークを続けましましたが・・・・。


  ☆     ☆



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大杉谷・堂倉滝 [山行記録2013]

大杉谷・堂倉滝
   2016/5/8

桃の木小屋から出発は 6:00時

小屋から出発すると、太陽の陽が射し始めました
DSC09492.jpg

DSC09494.jpg
DSC09495.jpg
振り返ると・・・
DSC09498.jpg

宮川の崖の中途の道を進む
DSC09499.jpg
川原近くを進む
DSC09503.jpg
振り返る・・・
DSC09505.jpg

大杉谷を遡る・・・
DSC09506.jpg
DSC09510.jpg
振り返る
DSC09512.jpg
嵓と淵
DSC09513.jpg
更に進む・・・
DSC09514.jpg

名無しの滝
DSC09517.jpg
DSC09520.jpg
更に進む・・・

七ツ釜滝
DSC09522.jpg
DSC09523.jpg
DSC09526.jpg
DSC09530.jpg

更に岩道を登る
DSC09531.jpg
DSC09534.jpg元木場道では??
七ツ釜滝吊橋
DSC09536.jpg
下流
DSC09537.jpg
上流
DSC09539.jpg
遡る
DSC09543.jpg
DSC09544.jpg
DSC09545.jpg
DSC09550.jpg

大崩壊跡    ・・・・ここ10年通行禁止になっていた現場
DSC09552.jpg
巨大な岩石の間を歩く    
DSC09556.jpg
DSC09555.jpg
巨岩の間の岩石も削岩機で割られている・・・・白い線は削岩機の穴・・苦労が偲ばれる
DSC09557.jpg
崩壊瓦礫のピーク
DSC09560.jpg

更に遡る
DSC09565.jpg

光滝
DSC09566.jpg
DSC09567.jpg

少し進むと、
隠滝吊端
DSC09573.jpg
隠滝     ・・・・水量が少ない
DSC09575.JPG-1.jpg

名無しの滝
DSC09579.JPG-1.jpg
DSC09580.jpg
与八郎滝
DSC09587.jpg

DSC09588.jpg
DSC09591.jpg

DSC09592.jpg
堂倉吊橋
DSC09600.jpg
川下
DSC09602.jpg
堂倉滝
堂倉吊橋の途中から・・・
DSC09610.jpg
橋を渡ったところで、振り返ると・・・
DSC09615.jpg
DSC09616.jpg
DSC09620.jpg
DSC09619.jpg
DSC09621.jpg
堂々たる水量です。

遂に、木場道はありませんでした。 ちょっと残念さが残りますが・・・・・。
登山道に邪魔になる岩は全て掘削し、切り抜くか、ステップを切るか、その壁側にはチェーンで、しかも最適のピッチでアイボルトで固定してあります。しかも急坂には上り用と下り用の2段に。
凄く手の込んだ恒久的な仕事をしています。 感謝!!

もう一つの問題点、この時期は
蛭ヒル を気にして忌避剤、スパッツも利用していましたが、その気は全くなく、後半は外しました。

   ☆      ☆
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

能勢・栃原めぐみの森 [山行記録2013]

能勢・栃原めぐみの森
   2014/11/15

池高・登ろう会・例会で北摂能勢の栃原めぐみの森へハイキングです。
何年振りかに歩くメンバーも含めた同期生10名です。

能勢・日生中央駅からバスで栃原へ
栃原の鎮守の森
DSC00028.jpg
栃原の里から
DSC00031.jpg
DSC00035.jpg

此処から森に入り、
稜線を登り始めます
DSC00037.jpg
DSC00039.jpg
DSC00041.jpg
DSC00042.jpg

登るほどに・・・・
DSC00045.jpg

やっと緩やかに・・・
DSC00046.jpg
峰池
DSC00050.jpg
DSC00051.jpg

更に登って
DSC00056.jpg

最高ポイント 三角点 H431m
DSC00057.jpg
DSC00058.jpg

此処からは早下り
DSC00059.jpg
DSC00061.jpg
DSC00064.jpg
DSC00065.jpg

再度、登り・・・
DSC00069.jpg

森舞台
DSC00070.jpg

一周して帰路へ
DSC00075.jpg
栃原の里
DSC00077.jpg
バスの時間に合わせての行程でした。

     ☆    ☆


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

丹波・松尾山 [山行記録2013]

丹波・松尾山
  2014/3/31

池高・登ろう会の例会で、白髪岳から松尾山へ・・・・

白髪岳山頂H721mから観る
松尾山H687m
P4010551.jpg
展望
P4010553.jpg
P4010554.jpg

白髪岳から下山
P4010557.jpg
一挙の急坂を下る・・・・・立派なロープ
P4010561.jpg

白髪山の周囲にはヤマツバキが広がっています
P4010563.jpg
P4010566.jpg

松尾山への稜線から
振り返ると、白髪岳
P4010567.jpg
鐘掛の辻
P4010570.jpg

松尾山山頂 =酒井城址
P4010577.jpg
千年杉
P4010580.jpg
仙ノ岩とそこからの展望
P4010584.jpg

僧の卵塔墓碑
P4010587.jpg
P4010589.jpg
P4010590.jpg
ここから
尾根の道を直接里に下る
P4010593.jpg
出発点に帰ってきました・・・
P4010595.jpg

    ☆     ☆
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

丹波・白髭岳 [山行記録2013]

丹波・白髭岳
   2014/3/31

高校同期の山仲間・登ろう会の例会で、丹波の山、白髭岳と松尾山を周回します。

JR福知山線・古市駅から住山集落へ
P4010506.jpg
5軒の茅葺家屋が残っています
P4010515.jpg
周回の分岐点・・・
P4010517.jpg
今回は白髭岳登山口へ
P4010520.jpg
P4010521.jpg
P4010522.jpg
白髭岳の登山口
P4010526.jpg
P4010527.jpg
急坂に・・・・・
P4010531.jpg
P4010533.jpg
ロープが樹に食い込まれている・・・・
P4010535.jpg

目前の白髭岳に稜線上を進む・・・
P4010538.jpg
松尾山も望める・・・・
P4010540.jpg
岩稜域に入る・・・・
P4010542.jpg
P4010543.jpg
P4010548.jpg
P4010549.jpg

二等三角点のある白髪岳・山頂
P4010552.jpg

   ☆    ☆

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕岳・下山 [山行記録2013]

燕岳・下山
  2013/12/25

燕岳・山頂H2763m から中房温泉H1483m を経て、宮城ゲートH770mまで一挙に下ります。
これだけの天気ですから、チョット山頂で楽しみ過ぎたかな? 予定が30分以上遅れました。

山頂から下り、
燕山荘前からの見納めの幾度見ても見飽きない風景 ・・・・・雲海は薄くなってきました
DSC03599.jpg
DSC03603.jpg

燕山荘に預けていた主ザックを担ぎ下山へ。
燕山荘裏から下山 発  9:35
DSC03604.jpg
最初の難所を突破
DSC03609.jpg
稜線越しの槍ヶ岳
DSC03611.jpg

風下では途中からアウターを脱ぐ
DSC03614.jpg
DSC03617.jpg
DSC03619.jpg

合戦沢の頭から    10:20
DSC03625.jpg
DSC03628.jpg

合戦小屋     10:35
DSC03629.jpg

富士見ベンチから   11:13
DSC03632.jpg
DSC03639.jpg
更に下って、
中房温泉が見え始める・・・・
DSC03642.jpg

燕岳・登山口着   13:18
DSC03645.jpg

アイゼン、ピッケルの収納、服装を改め、歩き始める。
が、これからの13kmが苦痛でした。
雪面は歩けますが、タイヤで押され凍っている路面が怖い。 幾度か転倒。 
薄暗くなる中、業務用の車が恨めしい・・・・。

ライトを点けて宮城ゲートに到着    17:05
DSC03647.jpg

時間が遅くなり、JR松本駅に送ってもらい、19:05特急しなので名古屋に急ぐも、名古屋からのJPでのひかりに待ち合わせ50分、で結局家に帰ったのは 翌日の 0:10時でした。

  ☆

初冬の雪山・燕岳に満ち足りた山行でした。

    ☆     ☆
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕岳・山頂の展望 [山行記録2013]

燕岳・山頂の展望
   2013/12/25

燕岳から360度の展望が利きます・・・・
北アルプス1.jpg

北アルプス・表銀座
DSC03533.jpg

燕岳から燕小屋~大天井岳~常念岳
DSC03508-1.jpg

槍ヶ岳と北鎌尾根、東鎌尾根
DSC03503.jpg
DSC03545.jpg

北穂高岳と奥穂高岳と前穂高岳
DSC03506.jpg

笠ヶ岳
DSC03551.jpg

北アルプス・裏銀座
DSC03500.jpg
DSC03499.jpg
DSC03498.jpg
DSC03497.jpg
DSC03496.jpg
DSC03495.jpg
DSC03491.jpg
DSC03493.jpg
DSC03492.jpg

立山と剣岳
DSC03526.jpg

爺ヶ岳、鹿島鑓ケ岳、五竜ヶ岳
DSC03487-1.jpg

この時期に来れてよかった! 堪能できました。

   ☆     ☆
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕岳・山頂 [山行記録2013]

燕岳・山頂
  2013/12/25

燕岳登山ですので、朝食後に山頂に。
風もなく、快晴。 でも、寒い! -15℃。

燕岳の夜明け前   6:40
DSC03254.jpg
日の出 直後  6:50
DSC03317.jpg
DSC03335-1.jpg
DSC03363.jpg
DSC03387.jpg
7:11
DSC03411.jpg

登山スタート   7:40
7:48
DSC03448.jpg
DSC03449.jpg
8:16
DSC03464.jpg
DSC03466.jpg
燕岳・山頂     8:26
DSC03537.jpg

山頂の遠望
DSC03007.jpg
DSC03008.jpg

メガネ岩
DSC03565.jpg
イルカ
DSC03595.jpg

風が強い部分は積雪無し、風溜りの積雪部には
風紋が残っています・・・・
DSC03087.jpg
DSC03252.jpg
DSC03253.jpg
DSC03591.jpg


  ☆    ☆
タグ:燕岳
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕岳からの富士山 [山行記録2013]

燕岳からの富士山
   2013/12/25

昨日までは全く見えなかった富士山を眺め楽しみます。

6:25
DSC03214.jpg
6:29
DSC03229.jpg
6:27
DSC03241.jpg

日の出の頃    6:48
DSC03288.jpg

6:52
DSC03344.jpg
7:03
DSC03422.jpg
7:38
DSC03439.jpg
8:20
DSC03472.jpg
8:26
DSC03531.jpg
8:47
DSC03582.jpg
9:21
DSC03601.jpg
合戦尾根から  10:35
DSC03628.jpg
富士見ベンチから    11:13
DSC03632.jpg

   ☆     ☆


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕岳からの槍ヶ岳 [山行記録2013]

燕岳からの槍ヶ岳
  2013/12/25

燕岳の未明から日の出に感動しているいる頃、反対側の槍ヶ岳は時々刻々と新たな風情を見せてくれます。

日の出前    6:03
DSC03212.jpg
6:27
DSC03219.jpg
6:37
DSC03243.jpg
DSC03246.jpg
6:41
DSC03257.jpg
残月  6:46
DSC03268.jpg
日の出の頃  
焼ける槍ヶ岳   6:48
DSC03291-1.jpg
DSC03293-1.jpg
6:52
DSC03337-1.jpg
DSC03338-1.jpg
DSC03340-1.jpg
6:55
DSC03365-1.jpg
DSC03366-1.jpg
7:00
DSC03404.jpg
DSC03405.jpg
8:20
DSC03474.jpg
DSC03503.jpg
8:47
DSC03586.jpg

合戦尾根からの最後の槍ヶ岳   10:21
DSC03622.jpg

    ☆     ☆

タグ:槍ヶ岳 燕岳
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕岳・日の出 [山行記録2013]

燕岳・日の出  

謹賀新年
  本年も宜しくお願いします

今年の最初のブログは
初冬の北アルプス・燕岳からの日の出を拝みます。

八ヶ岳と富士山と南アルプス  2013/12/25   6:01     雲海なし・・・
DSC03208.jpg
6:39     雲海が生まれている・・・・
DSC03250.jpg
厚い雲海が広がります・・・
DSC03262.jpg
日の出     6:45
DSC03269.jpg
DSC03273.jpg
DSC03276.jpg
6:48
DSC03282.jpg
DSC03283.jpg
DSC03287.jpg
DSC03290.jpg
DSC03294.jpg
6:50
DSC03324.jpg
DSC03332.jpg
DSC03343.jpg
7:04
DSC03425.jpg
7:36
DSC03434.jpg
8;10
DSC03457.jpg
8:20
DSC03473.jpg

   ☆     ☆
nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

初冬の燕山荘 [山行記録2013]

初冬の燕山荘
  2013/12/24~25

今回の山行計画は12/24日出発予定でしたが、天気予報では12/26日は天気が悪くなるので、1日早めましたが、正解だったようです。 12/24日も朝方は心配しましたが、夕方から天候が回復し、12/25日早朝の天気に希望が持てました。

燕山荘とその宿泊生活です。

燕山荘の冬期営業は12/21からで60名ほどが泊まられたとか。
食事時の人数から判断すると、本日はMWペアー2+Mペアー2+M単独2の10名が宿泊です。

燕山荘・玄関
DSC03010.jpg
玄関ホール   ・・・・・冬季積雪荷重対策の支柱が設置
DSC03198.jpg
階段上踊場   ・・・・・窓には断熱材と板戸付きで全閉です
DSC03197.jpg
2F 廊下  ・・・・・靴とかザック、ピッケル置場のトレー と冬期積雪対策で斜材を設置 
DSC03190.jpg
マイルーム を2人で独占  ・・・・無雪期では考えられない・・・・  
DSC03192.jpg

食事時
10人テーブルの個室での夕食です。   (燕山荘のブログに写真掲載)
大きな食堂をガラス戸で半分に分離し、夕食テーブルの前の畳の間には櫓炬燵が4ッ。

クリスマスイブの特別食
豊富なおかず付き夕食 + クリスマス用の特別にワイン 
DSC03194.jpg
食後の クリスマスケーキ
DSC03196.jpg
燕山荘は冬期利用できる貴重な山小屋で、その設備も一流であり、スタッフの対応も一流です。 残念ながらこの時期は水が出ませんが、お湯は頂ける。 トイレは薬剤式で清潔。

25日早朝は期待通りに快晴!!
 軽三脚とリモートSWを持ってきてよかった!!
風は弱風。でも寒い!!    -13℃(信州大学山岳科学研究所データ読み取り)

西側 北アルプス裏銀座方面  5:36
DSC03200.jpg
DSC03199.jpg
東側 松本方面には雲海もなし・・・・
DSC03201.jpg
薄く雲海が生れ始めています・・・・6:00
DSC03205.jpg

未明の月照りの燕山荘・・・・  6:01
DSC03209.jpg



朝食は 6:15時から・・・・。
  
お月さんと燕山荘      6:31
DSC03232.jpg

快晴の燕山荘遠景 
DSC03234.jpg
DSC03249.jpg

燕岳への登山道から  
DSC03515.jpg
DSC03567.jpg

    ☆

今年も数多くの皆様にご訪問いただき、ありがとうございました。

   ☆     ☆

タグ:風紋 燕山荘
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕山荘の夕べ [山行記録2013]

燕山荘の夕べ
  2013/12/24

燕山荘到着後も寒風で頬が凍ばる中、視界の広がりを願いながら、夕べを楽しみます。


燕岳・山頂
DSC03021.jpg
山頂への登山道から・・・
寒風で積雪が吹き上げられ、吹き付けます・・・・
DSC03013.jpg
カメラが冷たくなっています。シャッターが下り難くなり、電池を更新。

槍ヶ岳を探すが、一瞬一瞬で画面が変わり、レンズに雪煙が・・・   15:21
DSC03019.jpg
雲が薄まると槍ヶ岳の山影が浮き上がります・・・
DSC03046.jpg
DSC03053.jpg
DSC03058.jpg
DSC03064.jpg
DSC03071.jpg
DSC03081.jpg

一旦、小屋泊の手続きをし、ザックを部屋に置いてから・・・・。
山荘の中ではカメラのレンズが内部で曇ってしまいましたが、屋外に出るとサッと消えます。

燕山荘前から       16:17
DSC03088.jpg
DSC03089.jpg
DSC03093.jpg

DSC03094.jpg
DSC03104.jpg
DSC03117.jpg
DSC03150.jpg
DSC03153.jpg
DSC03152.jpg

日没・・・・一機飛行機が・・・・  16:27
DSC03161.jpg
DSC03183.jpg
DSC03187.jpg

天気が良くなってきた! 
でも、寒い!  (信州大学山岳科学研究所データでは 燕岳 -19℃ でした。)

    ☆     ☆
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕岳・燕山荘 [山行記録2013]

燕岳・燕山荘
  2013/12/24

燕岳・合戦尾根の合戦小屋壁に寒風を避けながら昼食と防寒レベルを一段上げました。
燕山荘のブログに寄ればこの辺りで積雪2m以上とか・・。

合戦沢の頭への斜面
DSC02933.jpg
再スタート H2370m  12:15
一心不乱に登ります・・・   
合戦沢の頭 H2489m
DSC02934.jpg

寒風ながらガスの合間に遠くが見えるようになる
燕岳
DSC02937.jpg
大天井岳への尾根
DSC02938.jpg

更に合戦尾根の稜線上をワンド(赤い旗竿)に沿って登る・・・
DSC02940.jpg
トレースから少し外れるとズボッと雪面にはまり込む。

ガスが晴れると、
かえる岩が・・・・
DSC02941.jpg
更に登る・・・
DSC02943.jpg
DSC02959.jpg

振り返ると、合戦沢の頭と有明山
DSC02960.jpg

登る、登る・・・
DSC02961.jpg

やっと燕山荘が見え始める・・・
DSC02962.jpg
DSC02963.jpg
DSC02967.jpg
DSC02972.jpg
最後の登りを真直ぐ稜線上を・・・ 夏道ではない・・・
DSC02983.jpg
 この斜面はピッケルが必要・・・・

燕山荘に着いたと思いきや、玄関まで半周が必要。
DSC02985.jpg
稜線上に出ると、西からの烈風が雪を吹き上げます。 が、気づけば 辺りには青空が・・・
燕山荘  H2712m     15:05
DSC02996.jpg
DSC03010.jpg
登るにつれて天候が良くなり、視界が広がってきました。

   ☆      ☆

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕岳・合戦小屋 [山行記録2013]

燕岳・合戦小屋
   2013/12/24

中房温泉で朝食し即出発で、急登で有名な合戦尾根を登ります。
朝食時に入った天気情報「燕山荘は吹雪、気温-13℃、中房温泉もぱらぱら雪」。気合を入れ直す。

中房温泉  発 6:43
DSC00767.jpg
登山口でアイゼン装着し、出発 H1485m  6:53
DSC00768.jpg
DSC00770.jpg
有明岳
DSC00772.jpg

第1ベンチ H1668m  7:56
DSC00774.jpg
DSC00775.jpg
DSC00776.jpg

第2ベンチ H1981m 8:43
DSC00778.jpg
DSC00780.jpg

第3ベンチ  H2209m 9:42
DSC02920.jpg
少し登って、中房温泉が見える・・・・
DSC02922.jpg

富士見ベンチ  H2282m  10:54
DSC02927.jpg
富士山が見えるのでしょうね・・・・・
DSC02926.jpg

合戦小屋   H2370m 11:50
DSC02930.jpg
DSC02932.jpg

合戦小屋までの夏道は積雪で段差が小さくなり歩きやすく感じられました。 その時は・・・。
合戦小屋まで来ると樹林が少なくなって、寒風が強くなってきました。 昼食? 大福もち1ケ。

合戦尾根の合戦小屋までの急坂を乗り越えて、第1ステップは乗り越えた???


   ☆    ☆
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

燕岳・林道アルバイト [山行記録2013]

燕岳・中房温泉へ
     2013/12/23

大学クラブ同期で、一緒に山に入り始めて9年、気心知れたパートナーで、冬山の先生と一緒です。2人の山行履歴は18回、30山以上。   整理してみると結構続いています。
このペアーで今回は初冬の燕岳を登ります。

大阪始発の新幹線で名古屋、更に始発特急で松本、鈍行で穂高駅。
ここで合流し、茨木ゲート近くの駐車場へ。

名古屋からの特急で・・・
DSC00729.jpg
中央線の峠を越えると雪・・・
DSC00730.jpg
安曇野に降りてくると・・・
白き嫋やかな峰々が見え始める
DSC00731.jpg
JR大糸線になると・・・・
DSC00733.jpg
DSC00735.jpg

JR穂高駅から宮城駐車場へ・・・ 
DSC00738.jpg
DSC00740.jpg

幸いに、平日でしたので駐車場は駐車可能でした・・・ 
DSC00742.jpg

宮城ゲートは閉鎖。    10:33
DSC00744.jpg

林道13kmの林道アルバイトのスタート。
木製のピッケルと木製のカンジキを持った二人が歩きます・・・・・
DSC00745.jpg
DSC00748.jpg
DSC00750.jpg
暫くすると、路面は一面積雪あり・・・
DSC00751.jpg

下山者に出会うように・・・
DSC00752.jpg
益々積雪が増してくる・・・・
DSC00753.jpg
DSC00756.jpg
中房登山口に道路標識は代っています   元は中房温泉では?
DSC00757.jpg
DSC00759.jpg
DSC00763.jpg
DSC00765.jpg

とにかく、長い林道アルバイト 13kmです。 しかも標高差は1483m-780m = 約703m 。

中房温泉に到着  2:30
DSC00766.jpg
P1210018.jpg

ゆっくり休んで、明日の急登に備えます。 合戦尾根は距離5.5km 標高差1303m 。

   ☆     ☆
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

登ろう会・石切山 [山行記録2013]

登ろう会・石切山
  2013/12/12

登ろう会・例会の続きです。

満願寺裏山から
鉄塔の立つ中山への尾根・・・
DSC00637.jpg
まだ満願寺境内・・・
DSC00639.jpg
少し住宅地を歩きますが・・・・
再度藪の中へ・・・
石切山へ・・・・
DSC00642.jpg
途中の展望・・・・
能勢方面
DSC00645.jpg
六甲山
DSC00649.jpg
里山を歩く・・・
DSC00652.jpg

石切山からの展望
猪名川、大阪空港、大阪市街
DSC00663.jpg
DSC00665.jpg

前山から
DSC00671.jpg
DSC00673.jpg

釣鐘山から
DSC00676.jpg
DSC00677.jpgDSC00678.jpg

DSC00681.jpg
DSC00682.jpg
DSC00684.jpg

下山後、川西能勢口駅まで。
忘年会を兼ねた飲み会で
「一年間ご苦労様。そして又来年も元気に歩きましょう!」

      ☆     ☆
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

登ろう会・満願寺 [山行記録2013]

登ろう会・満願寺
  2013/12/12

池高・登ろう会の例会で、忘年会を兼ねて近場の山を歩きます。

阪急山本駅から市街地を歩き西明寺滝へ 10:30発

参道へ
DSC00590.jpg
DSC00615.jpg
DSC00614.jpg
DSC00611.jpg
DSC00598.jpg
DSC00610.jpg

中山への分岐から小さな峠へ
DSC00619.jpg
DSC00620.jpg

満願寺
DSC00622.jpg
DSC00625.jpg
DSC00626.jpg
DSC00627.jpg
DSC00629.jpg
DSC00630.jpg
 万願寺の裏山
DSC00633.jpg
DSC00635.jpg
DSC00636.jpg

   ☆    ☆
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

六甲山・半縦走 [山行記録2013]

六甲山・半縦走
  2013/11/23

この山行は大学・クラブの2期先輩から話があり、参加者は2期先輩2名、1期先輩2名、同期2名の計6名です。

六甲山全山縦走コース(56km)は須磨浦公園/宝塚ですが、我々は宝塚/摩耶山/新神戸ですので、逆送での半縦走です。  処が、この日は全山縦走の当日でした。それらしいと判断した後は邪魔をしないように歩きました。


往路の電車から撮った今回の山行・六甲山の全行程? 
DSC00352.jpg 左端は芦屋の尾根で新神戸はその向う側で、右端が宝塚です。

スタートは阪急宝塚駅 8:30
町中を歩き・・・
振り返れば、宝塚の町
DSC00355.jpg
塩尾寺(えんぺいじ)  9:20      地図によればエンビジと誤記しています
DSC00356.jpg
下山路・分岐     9:47
DSC00358.jpg
DSC00359.jpg
岩原山・分岐    10:04
DSC00360.jpg
DSC00361.jpg
大谷乗越 10:24 ・・・西宮の六甲横断道を跨ぎます   全山縦走のテントをトイレ?と疑っていた
DSC00363.jpg
船坂峠      11:20
DSC00366-1.jpg
尾根道は樹林に囲まれていますが、時々視界が広がり紅葉が見えます
DSC00367.jpg
DSC00368.jpg
DSC00372.jpg

芦有ドライブウェイを跨ぎます。  12:00
この辺りで西からリボンを付けた登山者が増えてきて、全山縦走対応のテントと大きな看板がありました。  そこで、全山縦走の当日であることを確認した。
この辺りから西のコースは道路を歩き始めます。 
グリーン帽子の世話役の人によると、コースは近道の登山道、遠回りの自動車道のどちらを選んでもよい、とのことでした。

DSC00374.jpg
此処で昼食です。 12:00 ~ 12:30 

六甲山・一軒茶屋や山頂は人で溢れていました。 12:55
山頂ポールは写真を撮るのに列ができています。

米軍占領地以外の旧六甲山ピーク近くから神戸方面
DSC00379.jpg

紅葉谷道入口・極楽茶屋 13:38
DSC00381.jpg

日本最古のゴルフ場・神戸ゴルフ倶楽部(1903年) の入口 14:17
DSC00383.jpg
石切道・分岐      14:03
DSC00382.jpg

摩耶山・展望台から 15:40   大阪・豊中~尼崎~芦屋~神戸空港・三宮
展望・摩耶山.jpg
ここで下山3名と分かれ、
市ケ原~新神戸へのルートを下ります。

夕日が明石海峡に燃えています・・・・・  16:09
DSC00393.jpg
DSC00394-1.jpg

夕日を浴びる山も燃えています・・・ 16:34
DSC00395.jpg

市ケ原に降り・・・・ 16:40
DSC00396.jpg
布引ダム 17:10
DSC00398.jpg
神戸市の水道局・貯水場のゲート横の展望台から 17:20
展望・布引.jpg
布引の滝 17:27
DSC00408.jpg

更に下れば新幹線・新神戸駅   17:36

神戸・三宮      18:00     
全行程で約30kmでしょうか、昼食や休憩を含めて9.5時間 歩きました。

 此処で、ビールで一杯です。

   ☆     ☆








nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

曽爾高原・倶留尊山 [山行記録2013]

曽爾高原・倶留尊山
   2013/11/14

大学のクラブの同期4名で曽爾高原・倶留尊山を登ります。

特色ある山容・鎧岩
DSC00137.jpg

曽爾高原
DSC00142.jpg
DSC00144.jpg
DSC00143.jpg
DSC00153.jpg

亀山とお亀池
DSC00150.jpg
DSC00158.jpg


DSC00166.jpg
DSC00171.jpg
DSC00184.jpg
二本ホゾの料金BOX
DSC00213.jpg
二本ホゾ山頂
DSC00187.jpg
倶留尊山
DSC00188.jpg
DSC00210.jpg
倶留尊山・山頂
DSC00197.jpg
山頂から観る大台方面の峰々
DSC00195.jpg

亀山山頂
DSC00226.jpg

   ☆    ☆
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

太神山・不動寺 [山行記録2013]

太神山・不動寺
   2013/10/31

歴史ある不動寺・・・・

不動寺の木製の鳥居?しめなわ?
DSC00131.jpg
DSC00105.jpg
DSC00103.jpg
DSC00102.jpg

六地蔵
DSC00107.jpg

DSC00127-1.jpg
DSC00128.jpg
この崖の上に不動寺本堂が・・・・

DSC00126.jpg

不動寺本堂は舞台の上
DSC00125.jpg
DSC00121.jpg
DSC00120.jpg
本堂の屋根の後は大岩に・・・
DSC00119.jpg
DSC00118.jpg

その後ろにも大岩
DSC00110.jpg
胎内潜り
DSC00111.jpg

DSC00117.jpg
奥ノ院
DSC00116.jpg

三角点 599m
DSC00114.jpg

  ☆

   ☆     ☆
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

太神山 [山行記録2013]

湖南アルプス・太神山
    2013/10/31

池高・同期生の山仲間・登ろう会の例会です。
湖南アルプス・太神(タナカミ)山 H599m は不動寺の山です。

天神川沿いの参道?林道?を登る・・・
DSC00054.jpg
迎不動
DSC00056.jpg
清流・天神川
DSC00059.jpg
天神川の両岸の尾根には所々に大岩が・・・・
DSC00061.jpg
林道から山道の参道への分岐
DSC00065.jpg
暫くは川沿いに・・・・
DSC00067.jpg
DSC00069.jpg

川沿いから尾根道に・・・
初めて展望が・・・・・
DSC00073.jpg

DSC00074.jpg

DSC00083.jpg
DSC00085.jpg
DSC00088.jpg
DSC00092.jpg
DSC00093.jpg

DSC00097.jpg

DSC00099.jpg

諸町時代前期に建立された不動寺本堂ですから歴史ある参道です。
地元の地名は太神ではなく田上となっています。

  ☆   ☆
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

箕面・地獄谷を下る [山行記録2013]

箕面・地獄谷を下る
  2013/10/12

地獄谷から箕面川へ下り、帰路へ。

地獄谷への降口のお地蔵様
DSC00750.jpg
地獄谷
DSC00751.jpg
DSC00752.jpg
DSC00758.jpg
降り切ったところが箕面川

姫岩の巨岩の間を通り・・・・  
DSC00759.jpg
DSC00760.jpg

箕面川の左岸を下ります(此処から上流は落石で現在通行止め)    
DSC00761.jpg
DSC00772.jpg
DSC00774.jpg
一般の滝道は対岸の右岸の道です

此処、落合谷の分岐の少し下で右岸の滝道に合流です。

更に下り、竜安寺横の橋から望海丘展望台へ階段を400段??
DSC00789.jpg
この展望台は雲隣台展望台近くから歩いていた才ヶ原林道から通じている道でした。

大阪方面
DSC00782.jpg
DSC00788.jpg
対面の山を観ると今回歩いたルート、
左の谷の元が落合谷で途中から前鬼谷(右の谷が後鬼谷)と右奥の箕面山
DSC00786.jpg

近場にありながら、歩いていなかった道を歩きました。

  ☆    ☆


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

才ヶ原林道・地獄谷へ [山行記録2013]

雲隣展望台・才ヶ原林道・地獄谷へ
   2013/10/14

箕面渓谷の西側の前鬼谷を登り箕面山を経て滝に。 
更に箕面の滝の上の杉の茶屋近くから東側の雲隣台展望台から才ヶ原林道を経て・・・・

杉の茶屋と府道R43(豊中亀岡線)
DSC00694.jpg
雲隣展望台への登り口
DSC00693.jpg
谷を隔てて箕面山方面を垣間見る
DSC00702.jpg
雲隣展望台からの大阪方面・・・・・他は樹が成長して視界ゼロ
DSC00710.jpg
DSC00711.jpg
高いタワーは大阪臨海地区の大阪府咲洲庁舎

才ヶ原林道  ・・・車は通行禁止?? 路面の木の実が潰されていません
DSC00719.jpg
途中から林道を離れ・・・・
DSC00725.jpg
こもれび展望台と下山ルートとの分岐点
DSC00726.jpg
寄り道してこもれび展望台へ
展望台からの箕面川ダム      ・・・ロックヒルダム
DSC00729.jpg
一部は箕面ノ滝に流れています。

分岐点に戻り、
地獄谷コースへ下る
DSC00731.jpg
DSC00735.jpg
DSC00736.jpg
尾根道を下りてきました
DSC00747.jpg
府道R43 を跨いで地獄谷へ

   ☆    ☆
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

箕面滝 [山行記録2013]

箕面ノ滝
  2013/10/12

初めての箕面山からは壁を下り降り箕面ノ滝へ・・・・

樹間を下る
DSC00640.jpg
途中で滝が樹間に垣間見ます
DSC00645.jpg

九十九折の道から滝道へ合流し、滝へ向かう
DSC00659.jpg

箕面ノ滝
DSC00661.jpg
DSC00662.jpg
DSC00666.jpg
DSC00663.jpg
DSC00665.jpg

滝に近づくと光が変わり・・・・
DSC00684.jpg
DSC00686.jpg
虹が生まれています・・・・
DSC00683.jpg

滝の下流
DSC00667.jpg
DSC00688.jpg

滝の上へ・・・・

   ☆    ☆


タグ:箕面ノ滝
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

箕面山 [山行記録2013]

箕面山
 2013/10/12

箕面公園には小学校の遠足から始まり度々来ていますが、チョット違った初ルートを歩きます。

箕面公園の滝への道は渓谷沿い・・・・
DSC00528.jpg
紅葉シーズンはまだまだ・・・・
DSC00541.jpg

落合谷へのトンネル  ・・・・ここから新ルート・・・・
DSC00544.jpg
DSC00547.jpg
前鬼谷と後鬼谷との分岐点に気が付きませんでした。

前鬼谷へ     ・・・・・箕面公園外になるようです
DSC00548.jpg
入口の予告通りに9/16・18号台風による崖崩れと倒木あり・・・
DSC00551.jpg
DSC00553.jpg
倒木の通行履歴を読み、ほぼ登山道は崩れずに樹とその根による崩れと読み、自己責任で通過。 
一般観光客の通行には不適当であり、通行禁止表示は適正と判断します。

倒木帯を過ぎると
渓流の横、樹林帯を歩く・・・
DSC00555.jpg
DSC00572.jpg
DSC00578.jpg
DSC00580.jpg
渓流が細くなると、尾根に近い・・・
DSC00590.jpg
五月山との表示ですが・・・
稜線への道
DSC00596.jpg
五月山の尾根道
DSC00597.jpg
猿の一群が向こうから通り過ぎる・・・
DSC00601.jpg
猿の生息地域はもう少し北で、一般人は入山禁止地域です。 何故か遠征してきていました。
猿の一群が通過するまでジ~ットしていました。 残り2~3匹になったので歩き始めると、避けてくれました。

大ケヤキ
DSC00611.jpg
DSC00609.jpg

五月山の尾根からの分岐点
DSC00615.jpg

三国峠
DSC00626.jpg
DSC00629.jpg
此処から直接箕面滝に降りるルートは猿の国ですので現在は入山禁止。

下山道から少し入り込みますが・・・・
∴箕面山 H352.3m  
DSC00635.jpg
三角点ではないです。 境界マーカー?
DSC00634.jpg

箕面渓谷沿いの滝道には人は大勢いますが、落合谷、前鬼谷では人とは合わず、五月山道では2人に出会いました。 箕面山では山ガールが2人。 静かな山道を楽しめました。

また来よう・・・・。

   ☆    ☆ 
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

猪名川の風情 [山行記録2013]

猪名川の風情
  2013/9/27

暑い日々が続いた後、猪名川の堤・・・

何故か堤の桜並木の垣根
DSC00134.jpg
DSC00131.jpg
DSC00132.jpg
河原の中
DSC00121.jpg
DSC00089.jpg

猪名川越の五月山全景
DSC00138.jpg
DSC00141.jpg
DSC00137.jpg

堤の空には未だ月が・・・・
DSC00146.jpg

   ☆    ☆

タグ:猪名川
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北摂・小和田山 [山行記録2013]

北摂・小和田山
   2013/9/11

登ろう会の9月例会で北摂の山・小和田山を登ります。
高校同期の山仲間13名です。

また、酷暑に近い暑さの残る日・・・・

北摂・七面口から七宝寺へ
P9113053.jpg
P9113056.jpg

此処から少し登ったところに登山口・・・・
P9113118.jpg
・・・あまり歓迎されていない??? 登山道上に倒木が横たわっていました。

登山道はあまり利用されてもいないようです
P9113059.jpg
P9113061.jpg
地図上の造成池横を登ります
P9113065.jpg

さらに樹林帯の登山道を登る・・・・
P9113067.jpg
釈迦ヶ嶽 H512m
P9113071.jpg
北上し林道と合流
P9113074.jpg

林道の北端から県境の登山道へ・・・・
踏み跡ははっきりしていますが笹で覆われています
P9113076.jpg
でも、樹林ははっきりと開かれています
P9113078.jpg
が、足跡をブッシュが覆うように・・・・
P9113080.jpg
小和田山山頂三角点   H611.6m  
P9113093.jpg
その頭上・・・ 視界はゼロ
P9113096.jpg

ルート中に視界が開ける場所はわずか数か所・・・・。

   ☆     ☆

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋の夕日 [山行記録2013]

山小屋の夕日
  2013/8/17

一人山小屋で過ごすとき、夕時前に少し歩いて夕日を楽しむのも乙なもの。


昼間、山小屋から少し歩くと、越前の山・荒島岳を遠望できます・・・
DSC08994.jpg
DSC08996.jpg
現在の岐阜福井の県境の山々  小白山と野伏岳
DSC08997.jpg

17日午前までは涼しさを感じない山小屋でした
DSC08963.jpg
    室内  27℃  まだ湿度が多少高かった。

17日午後から久し振りに青空が澄み渡り、入道雲も発生しました
DSC08998.jpg
    太陽下 31℃
    室内  24℃ ~ 27℃
    飲料水 11℃


17日夕時、太陽は県境の山々に沈みます・・・・
17:48
DSC09001.jpg
DSC09009.jpg
DSC09011.jpg
DSC09014.jpg
DSC09020.jpg
DSC09024.jpg
18:13
DSC09029.jpg
DSC09035.jpg
DSC09039.jpg
DSC09043.jpg

18:18
DSC09055.jpg
DSC09057.jpg
DSC09063.jpg

8/18日
     室内  日の出前 17℃ 、日の出の頃 22℃  

8/19日には朝から酷暑の大阪に帰る。 気温差は10℃?? 

☆    ☆
タグ:夕日
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の30件 | - 山行記録2013 ブログトップ
メッセージを送る