So-net無料ブログ作成
検索選択
山行記録2017 ブログトップ
前の30件 | -

鹿島槍ヶ岳のライチョウ [山行記録2017]

鹿島槍ヶ岳のライチョウ
   2017/8/20

鹿島槍ヶ岳山頂にいる人も少なくなったころ、下山。   12:45

昨朝、爺ヶ岳・南峰の下でライチョウの声が聞こえ、飛び去るのを見ましたが、以降その気配はありませんでした。  が、鹿島槍の登り下りの登山者がいない時間帯になったからでしょう、下山道にライチョウの一家がいました。

調子よく歩いていると、先頭が「ライチョウ!」      13:12
大きくなったライチョウの子供たち5匹が礫の多い登山道の真ん中で砂浴びです・・・
DSC00570.jpg
DSC00572.jpg
人の気配を感じるも、悠然と砂浴びを続けます
DSC00574.jpg
DSC00575.jpg
DSC00577.jpg
ここは僕たちの世界です!  チョット待っていて!!
DSC00578.jpg
DSC00580.jpg
アップ
DSC00580-1.jpg

子供がいることは親鳥も? と、探すと、
我々より高い位置のハイマツの端で草の実を啄みながら・・・・
DSC00583.jpg
DSC00585.jpg
DSC00586.jpg
DSC00587.jpg

親たちは我々を見てもあわてる様子もなく、警戒の声を発することもなく、
ゆっくりと横を通って子供たちの砂浴びしている登山道に降りていきました
DSC00589.jpg
DSC00590.jpg
DSC00591.jpg
DSC00592.jpg
DSC00593.jpg
DSC00595.jpg
DSC00596.jpg
DSC00598.jpg
子供たちが砂浴びしていた場所で、同じように親たちも砂浴びを・・・・
DSC00600.jpg
DSC00601.jpg
DSC00602.jpg
そして礫と草の合間に移動していきます。

我々4人は道が塞がれて歩けませんが、親子を眺められる貴重な時間・・・・
DSC00603.jpg
DSC00603-1.jpgアップ 足元にライチョウ
DSC00603-2.jpg
その内にライチョウの子供たちが礫の中に、そして親もその後を追っていく。

この中に3羽のライチョウがいます  分かりますか?
DSC00606.jpg

道が空いたので、我々も登山道を歩き始めると、すぐ横で
ライチョウの親はジ~ッと見送ってくれます?  監視している??
DSC00608.jpg
DSC00609.jpg
DSC00610.jpg
DSC00613.jpg
DSC00615.jpg

ライチョウ親子たちの住み家   と 鹿島槍の山頂 12:18
DSC00617.jpg

   ☆

登山道に飛んできて、登山道を先導してくれました
DSC00537.jpg
DSC00538.jpg
DSC00540.jpg

   ☆        ☆

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鹿島槍ヶ岳の花々 [山行記録2017]

鹿島槍ヶ岳の花々
   2017/8/20

冷池山荘から鹿島槍へは
リンドウの花が多い登山道です
DSC00438.jpg
DSC00440.jpg
DSC00532.jpg

DSC00496.jpg
DSC00500.jpg
DSC00621.jpg

DSC00501.jpg

DSC00502.jpg
DSC00503.jpg
DSC00514.jpg

DSC00504.jpg

DSC00506.jpg

DSC00507.jpg
DSC00508.jpg

DSC00513.jpg


DSC00518.jpg

DSC00520.jpg
DSC00521.jpg
DSC00505.jpg
DSC00557.jpg

DSC00522.jpg
DSC00523.jpg
DSC00524.jpg

DSC00533.jpg
DSC00544.jpg

DSC00512.jpg
DSC00510.jpg
DSC00623.jpg
DSC00546.jpg
DSC00545.jpg
DSC00549.jpg

DSC00547.jpg
DSC00550.jpg

DSC00551.jpg
DSC00552.jpg

DSC00542.jpg
DSC00484.jpg

DSC00528.jpg

  ☆      ☆
タグ:鹿島槍
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

種池山荘のお花畑 [山行記録2017]

種池山荘のお花畑
  2017/8/20

種池山荘周辺はお花畑です。

DSC00259.jpg
DSC00303.jpg

DSC00260.jpg
DSC00261.jpg
DSC00262.jpg
DSC00263.jpg
DSC00285.jpg
DSC00296.jpg
DSC00297.jpg
DSC00299.jpg
DSC00302.jpg
DSC00304.jpg


DSC00270.jpg

DSC00282.jpg
DSC00300.jpg


DSC00286.jpg
DSC00287.jpg
DSC00288.jpg

DSC00290.jpg
DSC00264.jpg
DSC00291.jpg

チングルマ     咲く花あり、咲いた花あり・・・・
標高が低い場所では咲いた花
DSC00289.jpg
DSC00292.jpg
DSC00293.jpg
朝露のチングルマ
DSC00379-1.jpg
DSC00379-2.jpg

標高が少し上がると
咲く花
DSC00380.jpg
DSC00384.jpg
DSC00388.jpg
DSC00390.jpg
DSC00392.jpg

DSC00383.jpg

コイワカガミ
DSC00385.jpg
DSC00386.jpg
DSC00387.jpg

ハハコグサ
DSC00295.jpg
DSC00284.jpg

DSC00306.jpg

DSC00308.jpg

DSC00393.jpg

   ☆      ☆
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

爺ヶ岳・柏原新道の花 [山行記録2017]

爺ヶ岳・柏原新道の花
  2017/8/19

扇沢登山口から爺ヶ岳への柏原新道に咲く花々です。

DSC00142.jpg
DSC00154.jpg
DSC00166.jpg
DSC00169.jpg

ゴゼンタチバナ
DSC00175.jpg
DSC00190.jpg
DSC00182.jpg

DSC00180.jpg

DSC00183.jpg
DSC00184.jpg
DSC00187.jpg

DSC00194.jpg
DSC00195.jpg

唯一咲いていたシャクナゲ
DSC00197.jpg
DSC00198.jpg

DSC00202.jpg
DSC00203.jpg
DSC00217.jpg

DSC00219.jpg
DSC00220.jpg

DSC00221.jpg
DSC00222.jpg
DSC00225.jpg
DSC00227.jpg

DSC00226.jpg
DSC00228.jpg
DSC00229.jpg
DSC00232.jpg
DSC00233.jpg
DSC00234.jpg

DSC00236.jpg
DSC00239.jpg
DSC00240.jpg
DSC00241.jpg
DSC00242.jpg

DSC00243.jpg
DSC00245.jpg
DSC00246.jpg
DSC00247.jpg
DSC00248.jpg

柏原新道の花々でした。

   ☆    ☆

タグ:
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鹿島槍からの下山 [山行記録2017]

鹿島槍からの下山
    2017/8/21

登ろう会では初めての2泊目の山小屋から下ります。

8/21日     4:42
DSC00638.jpg
DSC00639.jpg

出発時の雲海
DSC00640.jpg
DSC00641.jpg
DSC00643.jpg

冷池山荘 出発    6:00
DSC00646.jpg
立山方面
DSC00647.jpg

布引山を直登中・・・
DSC00649.jpg
鹿島槍と冷池山荘
DSC00648.jpg
DSC00650.jpg
DSC00653.jpg

赤岩尾根の分岐
DSC00651.jpg
反対側・棒小屋沢
DSC00655.jpg
DSC00658.jpg

布引山・巻道
DSC00660.jpg
鹿島槍
DSC00665.jpg
剣岳
DSC00667.jpg
穂高・槍ヶ岳
DSC00668.jpg
爺ヶ岳・巻道  本日の最高点
DSC00669.jpg

ここからは下りが続く
DSC00671.jpg

扇沢駅が見え始める
DSC00672.jpg
種池山荘
DSC00676.jpg

種池山荘から下りに入ります
DSC00680.jpg
DSC00689.jpg
DSC00690.jpg
DSC00692.jpg
DSC00693.jpg
DSC00695.jpg
DSC00696.jpg
DSC00697.jpg

登山口に下山      12:20
DSC00698.jpg

  ☆

池高・登ろう会での後立山連峰での山歴は
2004年から白馬岳・唐松岳・杓子岳・針ノ木岳・蓮華岳・白馬鎗ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳を登ってきました。  
年齢と共に一緒に登るメンバーは少なくなり、今年は結果平均年齢76歳の4名での鹿島槍でした。
77歳になっても一緒に山に登りたいですね。

それも、これも白馬のロッジがあってこそのこと。 Mr.Naさんに感謝です!!

  ☆     ☆
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

鹿島槍ヶ岳登山 [山行記録2017]

鹿島槍ヶ岳登山
   2017/8/20

朝6:00に種池山荘から歩き出し、9:25に冷池山荘に着き、一旦、山荘に投宿の手続きをして、ザックを入り口に置き、軽装で鹿島槍ヶ岳へ向かいます。 因みに、ザックは部屋に移動しておいてくれました。

冷池山荘 H2411 から鹿島槍ヶ岳へスタート   9:35
山荘の少し上から振り返ると 山荘の屋根超しに爺ヶ岳の北峰、中峰、南峯が続く
DSC00493.jpg
立山、剣岳を真東から・・・
DSC00494.jpg
稜線上を進みます・・・・
DSC00495.jpg
DSC00499.jpg
DSC00509.jpg
DSC00525.jpg
DSC00527.jpg

立山、剣岳にも雲が掛かってきました
DSC00526.jpg

振り返って、爺ヶ岳
DSC00529.jpg
DSC00530.jpg

布引山・山頂  H2683   11:00
DSC00534.jpg

いよいよ鹿島槍ヶ岳へ
DSC00541.jpg
DSC00548.jpg
DSC00554.jpg

鹿島槍ヶ岳・山頂   H2889     12:25
DSC00555.jpg
DSC00556.jpg
DSC00558.jpg
登ってきた稜線だけ視界が開け、視界は不良でした
DSC00566.jpg

   ☆     

下山開始          12:45
DSC00568.jpg       
布引山の登り
DSC00619.jpg
布引山を越えると下りだけ・・・
DSC00620.jpg
DSC00622.jpg
DSC00624.jpg
冷池山荘に着いた時にはガスの中・・・  14:40
DSC00625.jpg
DSC00626.jpg

山荘に入って・・・
剣岳方面       17:45
DSC00629.jpg
DSC00632.jpg
DSC00634.jpg

  ☆     ☆



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

爺ヶ岳登山 [山行記録2017]

爺ヶ岳登山
  2017/8/20

後立山のド真ん中を歩きます。

朝食5:00 種池山荘を出発6:00 

爺ヶ岳へと登る
DSC00391.jpg
振り返ると
種池山荘と剣岳
DSC00395.jpg
DSC00397.jpg
鹿島槍ヶ岳
DSC00399.jpg

ハイマツ(這松) の間を更に爺ヶ岳へと登る
DSC00402.jpg
鹿島槍ヶ岳
DSC00403.jpg

更に登ると・・・
DSC00404.jpg
鹿島槍ヶ岳
DSC00407.jpg

振り返ると
立山、大日岳、剣岳
DSC00406.jpg
穂高岳、槍ヶ岳
DSC00410.jpg
DSC00411.jpg
更に登って
立山、剣岳
DSC00412.jpg
鹿島槍ヶ岳
DSC00413.jpg
爺ヶ岳・南峰・山頂  と 三角点   H2669       7:00
DSC00423.jpg
DSC00435.jpg
山頂からの展望
DSC00422.jpg
雲海
DSC00419.jpg
DSC00418.jpg
穂高岳 と 槍ヶ岳
DSC00420.jpg

爺ヶ岳の南峰から中峰へ
DSC00437.jpg
中峰の中腹から南峰を方向
DSC00439.jpg
剣岳方向の谷は黒部川・十字峡に通じる谷
DSC00464.jpg

爺ヶ岳・中峰・山頂   H2631     7:37
DSC00441.jpg
DSC00448.jpg

中峰から冷池山荘へ
DSC00449.jpg
DSC00470.jpg
DSC00474.jpg
DSC00476.jpg
DSC00479.jpg
ガレバの上に建っている冷池山荘
DSC00487.jpg
DSC00489.jpg

大谷原からの鹿島槍ヶ岳への赤谷尾根道との合流点   H2466
DSC00490.jpg
ケルン
DSC00491.jpg

どんどん下り 鞍部H2387、そしてどんどん登って 
冷池山荘  H2410       9:25
DSC00492.jpg
崖っぷちの上に建っていますが、この冷池山荘の水は谷からの揚水だそうです。

   ☆     ☆

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

種池山荘の朝 [山行記録2017]

棚池山荘の朝
  2017/8/20

一番早く寝た仲間が起こしに来てくれました。 「星が見えるぞ!」

山荘の前から   火星、オリオン星・・・    3:59
DSC00319.jpg
少し爺ヶ岳 側に歩くとお月さんが・・・     4:05
DSC00336.jpg

八ヶ岳 と 富士山 と 南アルプス       4:40
DSC00346.jpg
DSC00350.jpg
DSC00351.jpg
DSC00352.jpg
DSC00353.jpg

5:17
DSC00363.jpg
DSC00365.jpg

東側の空 4:56
DSC00358.jpg

針ノ木岳
4:41
DSC00347.jpg
5:18     蓮華岳と・・・
DSC00366.jpg
DSC00367.jpg
5:22    蓮華岳と・・・
DSC00369.jpg
DSC00370.jpg
DSC00373.jpg

雲海
DSC00371.jpg
光輪
DSC00372.jpg

爺ヶ岳 の山影
DSC00375.jpg

   ☆      ☆
タグ:
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

種池山荘へ [山行記録2017]

種池山荘へ
   2017/8/19

登るにつれ、視界は開け、青空も・・・・

針ノ木岳~爺ヶ岳の尾根
DSC00200.jpg
水平道
DSC00204.jpg
水平岬
DSC00205.jpg
包優岬
DSC00206.jpg
展望が開けます。
DSC00207.jpg
蓮華岳
DSC00208.jpg
針ノ木岳の雪渓
DSC00209.jpg
DSC00210.jpg
DSC00212.jpg
針ノ木小屋のテント場?   小屋は前衛に隠れています
DSC00211.jpg

DSC00218.jpg
アザミ沢
DSC00224.jpg
DSC00231.jpg

DSC00235.jpg
ガレバ 
DSC00237.jpg
DSC00244.jpg
富士見坂
DSC00249.jpg
鉄砲坂
DSC00250.jpg

種池山荘      H2460m     13:05
DSC00253.jpg
DSC00679.jpg
種池と種池山荘
DSC00305.jpg
テントサイト
DSC00310.jpg

山荘前からの展望
DSC00281.jpg
針ノ木岳 H2821 と スバリ岳 H2752
DSC00273.jpg
DSC00277.jpg
DSC00279.jpg

爺ヶ岳 H2670      ・・・刻々と雲は動きます
DSC00265.jpg
DSC00272.jpg
DSC00278.jpg

その後の種池山荘は雲に包まれてtしまいました。

    ☆       ☆
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鹿島槍ヶ岳登山 [山行記録2017]

爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳登山
  2017/8/19

全員が75歳超えの登ろう会の今年の8月例会は爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳登山です。
そこで、登山口の駐車場を確保するために6:00には白馬の別荘を4人で出発です。
辛うじて、近くに駐車場を確保したが、登山口の駐車場では雨が降り始め、???。 
取敢えず出発し、その後の様子見です。

爺ヶ岳登山口・柏原新道
扇沢出会   H1420m      登山届を投函した。
DSC00139.jpg
DSC00140.jpg
出発は   7:45    小雨模様
DSC00141.jpg
ここから一挙に登坂です
DSC00144.jpg
DSC00146.jpg

古木が続きます
DSC00147.jpg
DSC00150.jpg

DSC00151.jpg
DSC00153.jpg

八ッ見ベンチ
DSC00156.jpg
DSC00157.jpg
DSC00160.jpg

扇沢沿いの尾根を登っている。
扇沢駅の駐車場と 扇沢が見える    9:17  
DSC00164.jpg
富士山と一緒?何時までも登山口近くが見える。

青空が見えるようになってきた
DSC00167.jpg
ケルン     9:19
DSC00171.jpg
更に登る
DSC00172.jpg

青空が広がってくる
針ノ木岳からの尾根 と残っている雪渓
DSC00176.jpg
DSC00185.jpg

その先に 
本日泊まる 種池山荘
DSC00186.jpg
??
DSC00191.jpg

雲の状況は刻々と変わります
DSC00192.jpg

DSC00193.jpg
DSC00196.jpg

石畳     大きな岩の登山道
DSC00199.jpg


  ☆    ☆
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

登ろう会で白馬へ [山行記録2017]

池高・登ろう会・8月例会で白馬
  2017/8/18

高校・山仲間の8月例会は毎年仲間がメンバーとなっている白馬のロッジを起点に近くの山を登っています。今年は後立山の爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳を登ります。

日程は既に5月に決まっていたが、天気予報では前日の8/17日までは台風通過後のすっきりしない天気が続き、19,20日は曇り+晴れ→曇り→曇り+雨 へと変化していました。雨なら登山中止を頭に描いての出発でした。

大阪から名神高速を雨雲を追いかけて進み、
中央道に入ると・・・・
”雨50km/h規制” +”雨通行止”  ????  
DSC00095.jpg
土岐近くで昼食していると、通行止めは本線から分岐する東海環状線、との情報を入手。

松本から北上し、安曇野IC に近づく・・・・
DSC00100.jpg
安曇野の地道を北上
DSC00101.jpg
DSC00102.jpg
所々に 道祖神 が・・・・
DSC00104.jpg

道筋からの山々
DSC00105.jpg
DSC00109.jpg
DSC00111-1.jpg
DSC00113.jpg
DSC00114.jpg
まだまだ不順な天気が続く??

大糸線の横を白馬へ
DSC00115.jpg
DSC00118.jpg
DSC00119.jpg

でも、白馬・和田野の森のロッジに入ると・・・・”虹!”
DSC00131.jpg
DSC00122.jpg
天気予報ではあまり良い情報はないが????
でも、”虹” は、その予想を覆らせてくれる??

次の日の夜明け前・・・
DSC00129.jpg

もしや・・・・。

   ☆

種池山荘に同宿した人の話、後日のNHKニュースでは、
この日の夜21時ころから、我々が通行してきた中央道が降雨と陶器工場の産廃事故で通行止めになっていた。  帰路時には、道路際の谷からの流出口は確認できましたが、道路は異常なしでした。

  ☆     ☆
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

京都・高塚山 [山行記録2017]

高塚山
  2017/6/9

音羽山からの下山の途中で・・・・

牛尾観音
DSC08000.jpg
DSC00145.jpg
DSC00146.jpg

牛尾観音の境内を下り終わり、
豪雨で全てを流されてしまった広場の下の沢を渡り・・・

高塚山
DSC00149.jpg
道は流れに抉られ荒れています・・
DSC00150.jpg
苔滑洸(コケココウ)の滝 
DSC00152.jpg
DSC00155.jpg
DSC00156.jpg
DSC00159.jpg

登り途中、
ドンツキを右へ(西へ)   ・・・・一旦醍醐山へのルートを離れます
DSC00164.jpg
DSC00160.jpg
道から少し離れて 高塚山の三角点 485m
DSC00162.jpg
DSC00161.jpg

  ☆

高塚山から下り、元のルートに戻り、更に降る。
ゴルフ場の道路を下り、  
横嶺峠へ
DSC00167.jpg
DSC00169.jpg

峠からの登り、醍醐山へ
DSC00170.jpg

登山道横に珍しい 水準点 454m
DSC00171.jpg
DSC00172.jpg
DSC00173.jpg

醍醐寺 上醍醐
五大堂
DSC08005.jpg
如意輪堂
DSC08010.jpg
開山堂
DSC08011.jpg
上醍醐からの展望
DSC08014.jpg

醍醐水
DSC00179.jpg

上醍醐から参道を降り終わったところで、入山料を取られました。
 醍醐山水準点だけなら横嶺峠から林道を下る方法もあります。

   ☆      ☆
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都・音羽山 [山行記録2017]

音羽山
  2017/6/9

梅雨入りして直ぐですが、前日からの雨模様を抜けて、本日は快晴です。 
池高・登ろう会の6月例会で、参加人数4名です。

JR山科駅集合、京阪・大谷駅へ移動。

大谷駅は昔の逢坂関への道があったところ?? 
交通の要衝です。
現在はこの狭い合間に国道、京阪電鉄が走っています。
 京阪電車も程なくトンネルへ。
 名神高速道は少し西よりから大津トンネルに入っています。
 JR東海道線は北側・逢坂山トンネルで通っています。
 JR新幹線は南側・音羽山の下を音羽山トンネルで通っています。

京阪・大谷駅   H157m
DSC00091.jpg
駅から程なく 蝉丸神社  境内を進む・・・
DSC00093.jpg
DSC00095.jpg
DSC00097.jpg
本殿脇の小道を押し進む・・・
DSC00098.jpg
DSC00100.jpg
DSC00101.jpg

逢坂山歩道橋    ・・・国道を渡る
DSC00103.jpg
歩道橋の西・大谷駅側・・・
国道1号線  交差点で京阪電鉄はトンネルへ。  
我々は右の森の中を歩いてきましたが、
駅からの歩道(逢坂山関址もある)からは右の階段を上ってこの橋へ・・・ 
DSC00104.jpg
東側  ・・・・谷の底・・・
DSC00106.jpg

ここからは
東海自然歩道を直登です・・・
DSC00109.jpg
DSC00110.jpg
DSC00112.jpg
DSC00116.jpg
DSC00121.jpg
振り返ると・・・・
DSC00118.jpg
樹林に囲まれた道ですが、窓から京都・・・
DSC00122.jpg

小さなピークを越えて・・・
一旦下り・・・・
DSC00126.jpg
DSC00127.jpg
音羽山へ・・・
DSC00130.jpg
DSC00132.jpg

音羽山・山頂   H593m
DSC07998.jpg
西に京都   東に大津と琵琶湖
DSC07992.jpg
DSC00134.jpg
DSC00135.jpg
京都駅近く
DSC07994-1.jpg
琵琶湖大橋
DSC07995.jpg

音羽山から下り・・・
DSC00139.jpg
DSC00140.jpg
窓から宇治?
DSC00141.jpg
DSC00143.jpg

   ☆     ☆
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

五月山散策 [山行記録2017]

五月山散策
  2017/5/19
高校登ろう会の例会は快晴で、気温も今年一番高いとか・・・・。

池田・五月山を裏から登り六個山を経て箕面まで。
この歳で、10名が集って歩きます。

五月山の北側の中川原から
元々は植木屋さんが多い地区とか・・・

裏山からすぐに登り・・
DSC00003.jpg
DSC00007.jpg
DSC00009.jpg

この辺りから古木が・・・
DSC00010.jpg
DSC00011.jpg
DSC00014.jpg

DSC00015.jpg
DSC00018.jpg
DSC00019.jpg

DSC00023.jpg
DSC00024.jpg
DSC00028.jpg
稜線上に到着・・・・
DSC00039.jpg
大阪~大阪空港
DSC00034.jpg
DSC00035.jpg

残念ながら五月山の稜線上の有料道路を歩き・・・・
ゴルフ場の横を通って・・・・

池田、豊中、大阪の展望
DSC00042.jpg
DSC00043.jpg

池田から箕面へ
DSC00044.jpg
DSC00045.jpg
DSC00046.jpg
170519_115140.jpg

ちょっと目立たないが、
ここから突然枝道に入る・・・
DSC00048.jpgケルン??の間
DSC00047.jpg
降り
DSC00049.jpg
4つの池から流れる石澄川の源流部を渡る     
上流
DSC00052.jpg
ここから下流は池田/箕面の境界線      下流にに石澄滝 がある
DSC00051.jpg
少し登って・・・
DSC00055.jpg
通称・六個山  と 二等三角点・松尾山
DSC00057.jpg

山頂から降り箕面公園の中に入っていきます
DSC00061.jpg
阪急・箕面駅 の上からの展望  大坂方面
DSC00066.jpg
DSC00067.jpg
更に下り・・・・
DSC00069.jpg
DSC00071.jpg
龍安寺
DSC00075.jpg
箕面川
DSC00081.jpg
箕面のもみじ    ・・・既に赤い種が出来上がっています
DSC00083.jpg
DSC00082.jpg

   ☆      ☆
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中山・下山 [山行記録2017]

中山山頂から下山
  2017/4/29

下山はあまり人と出会わないルートで・・・・。

中山・山頂  と三角点
DSC06124.jpg
DSC06125.jpg
山頂からの展望
DSC06127.jpg
DSC06128.jpg
DSC06130.jpg

下山ルートは・・・・
DSC06131.jpg
足洗川沿いの道へ下ります
DSC06132.jpg
DSC06133.jpg

DSC06137.jpg
DSC06140.jpg
DSC06144.jpg

史跡 天宮塚   ・・・聖徳太子・御修行遺跡
DSC06145.jpg
DSC06147.jpg
その近くからの展望
DSC06149.jpg
降り終わったところに 聖徳太子の創建とする中山寺があります。

稜線から谷に降りる
DSC06151.jpg
谷には足洗川
一枚岩の滑 や 小さな滝 が続く
DSC06153.jpg
DSC06156.jpg
DSC06159.jpg

横は急斜面の壁に囲まれる
DSC06162.jpg
前には崖
DSC06163.jpg

更に岩床が続く
DSC06166.jpg
DSC06168.jpg
DSC06172.jpg
DSC06177.jpg
DSC06178.jpg
DSC06179.jpg
ここからも一枚岩の上を流れる
DSC06180.jpg
DSC06181.jpg
DSC06183.jpg
岩の壁
DSC06187.jpg

岸壁を抜けると奥の院への参道道と合流し、中山寺の境内へ
DSC06189.jpg
DSC06192.jpg
本堂
DSC06193.jpg
太子堂 と 真新しい五重塔
DSC06197.jpg
すごい人の数です。 安産祈願のお寺ですので、赤ん坊と若い夫婦が多い・・・・。 

  ☆     ☆
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

中山山塊・ミツバツツジ [山行記録2017]

中山山塊・ミツバツツジ
  2017/4/29

阪急・山本駅から中山山塊を縦走し中山寺・中山駅まで、4月初旬からミツバツツジの花のトンネルですが、今ではミツバツツジ・萌黄色のトンネルになっています。

山本駅からは川沿いを進み、住宅地を離れて・・・・
DSC05918.jpg
DSC05920.jpg
DSC05921.jpg

ミツバツツジ    ・・・・葉は開ききっています
DSC05928.jpg

でも、点々と緑のトンネルの中に
ミツバツツジの花が残っていてくれています
DSC05929.jpg
DSC05930.jpg
DSC05932.jpg
DSC05937.jpg
でも、ほとんどは新緑のトンネル
DSC05934.jpg

元航空標識近くの展望ポイントから
大阪
DSC05938.jpg
大阪空港 アップ
DSC05943.jpg
ススメバチの先兵があちこちに飛び回っているので、頭に白いタオルを・・・・・。
一度スズメバチに刺された経験あり。

DSC05948.jpg
DSC05949.jpg

DSC05957.jpg
DSC05951.jpg
DSC05959.jpg
DSC05962.jpg

DSC05963.jpg
DSC05966.jpg
DSC05968.jpg
DSC05978.jpg
DSC05980.jpg
DSC05984.jpg
DSC05986.jpg
DSC06004.jpg

DSC06007.jpg
DSC06008.jpg花よりも萌黄色が目立つ
DSC06012.jpg
DSC06014.jpg
DSC06017.jpg
DSC06018.jpg
DSC06028.jpg

DSC06031.jpg

ミツバツツジの新緑
DSC06038.jpg
少し外れたところに”三角点”
DSC06039.jpg

DSC06046.jpg
DSC06049.jpg
DSC06050.jpg
DSC06052.jpg
DSC06053.jpg
DSC06057.jpg

山は新緑に包まれています     ・・・その中でもミツバツツジは咲いています
DSC06059.jpg

DSC06069.jpg
DSC06071.jpg
ミツバツツジの新緑のトンネル に少し花が残っている
DSC06075.jpg

DSC06077.jpg
DSC06082.jpg
DSC06083.jpg
DSC06088.jpg
新芽が花??   目立ちます
DSC06089.jpg

DSC06091.jpg
DSC06093.jpg
DSC06095.jpg
DSC06097.jpg
DSC06100.jpg

DSC06103.jpg
DSC06104.jpg
DSC06106.jpg
DSC06109.jpg
DSC06117.jpg


   ☆      ☆
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北摂・高代寺山 [山行記録2017]

北摂・高代寺山     (登ろう会158回例会)
   2017/3/31

高校同期生の山仲間の登ろう会・3月例会では8名で北摂・高代寺山を散策します。

能勢電車・妙見口駅   ・・・終点の無人駅ですが、大阪府で一番北の駅
DSC00001.jpg

駅休憩所には吉川町の案内・・・・
DSC00008.jpg
駅休憩所のお雛様・・・・
DSC00002.jpgDSC00003.jpg
DSC00004.jpgDSC00005.jpg
  町内の家々にもお雛さんの展示があるようです。

駅前から直ぐに町内メイン道路から高代寺への道へ
DSC00006.jpg
DSC00007.jpg
DSC00009.jpg

棚田の横の道を登っていきます
DSC00010.jpg
DSC00012.jpg

吉川高代寺参道町石
DSC00014.jpg
更に登ると
吉川高代寺参道六地蔵
DSC00017.jpg
その隣に・・・・
DSC00018.jpg
DSC00019.jpg

DSC00021.jpg
DSC00020.jpg

DSC00022.jpg
一番上の棚田から・・・
DSC00023.jpg

此処からの参道
DSC00024.jpg
DSC00025.jpg
DSC00026.jpg
DSC00027.jpg
DSC00028.jpg
DSC00029.jpg
自動車道に行きつく。  
最近の山奥のお寺には必ず?車道が通っている。 通勤のため??

妙見山?
DSC00030.jpg
閼伽井神泉     空海(960年)以来の伝説     現在も湧き続けています
DSC00033.jpg
更に進むと・・・
高代寺境内へ  
薬師院と鐘楼     その奥に大きな熊の檻 
DSC00036.jpg
DSC00037.jpg
本堂への階段を登らずに、裏山を登る
DSC00039.jpg
本堂  と不動堂
DSC00042.jpg

本堂の奥から 竹林を通り・・・
DSC00046.jpg
DSC00047.jpg
DSC00048.jpg
高代寺山  三角点H489m    周囲の視界無し
DSC00049.jpg

予定より早く雨が降り始め、計画を短縮し、下山。

    ☆      ☆
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大日ヶ岳・鎌ヶ峰下山 [山行記録2017]

大日ヶ岳・鎌ヶ峰下山
2017/3/19
   
鎌ヶ峰の山頂でゆっくり雪山を楽しんだ後に下山です。

鎌ヶ峰~水後山
DSC03912.jpg
DSC03913.jpg
DSC03915.jpg
DSC03917.jpg
DSC03919.jpg
DSC03924.jpg
登山時とは違った雪庇が楽しめます。

水後山山頂から
鎌ヶ峰~水後山
DSC03926.jpg
更に空気が澄んできました。
乗鞍岳
DSC03927.jpg
御嶽山
DSC03928.jpg
大日ヶ岳・東尾根
DSC03932.jpg
DSC03934.jpg
山国
DSC03930.jpg
DSC03931.jpg

下山
DSC03935.jpg
DSC03937.jpg
DSC03940.jpg
ブナの原生林
DSC03943.jpg
DSC03944.jpg
DSC03946.jpg
WingHillsスキー
DSC03950.jpg

  ☆      

山小屋の天気
3/19日 
DSC03752.jpg
3/20日
登山中は天気が良かったですが、夕べより曇天に。

3/21日  朝方の小雨が 6:30時頃には雪模様に・・・
DSC03967.jpg

   ☆     ☆
  
タグ:雪山
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大日ヶ岳・鎌ヶ峰・展望 [山行記録2017]

大日ヶ岳・鎌ヶ峰・展望
    2017/3/20

大日ヶ岳の西尾根・鎌ヶ峰 H1660m からの展望

大日ヶ岳 H1709m
DSC03905.jpg
DSC03866.jpg
DSC03875.jpg
DSC03872.jpg
DSC03892.jpg

石徹白川~白山 パノラマ
鎌ヶ峰展望1.jpg

別山と白山
DSC03868.jpg
白山
DSC03884.jpg
別山
DSC03885.jpg
一~三ノ峰、銚子ヶ岳
DSC03886.jpg
小白山と野伏ヶ岳
DSC03869.jpg
荒島岳
DSC03870.jpg

休んでいる内に、随分、空が澄んできました。  北アルプスも・・・・
大日ヶ岳の左肩に
剣岳 が見えますか?    目視では確認できませんでしたが、レンズは見ていました
DSC03889.jpg
大日ヶ岳の右肩に
乗鞍岳
DSC03888.jpg
御嶽山
DSC03903-1.jpg

雪山を楽しみました・・・・ アップ
白山
DSC03893.jpg
別山
DSC03894.jpg
1~2~3ノ峰
DSC03898.jpg
経ヶ峰
DSC03899.jpg
願教寺山
DSC03902.jpg
薙刀山
DSC03900.jpg
野伏ヶ岳
DSC03896.jpg
小白山
DSC03897.jpg

天気も良く、風もなく、視界良好で雪山の雰囲気を存分に堪能しました。
満足してしまいました。   休憩40分で下山です。

   ☆      ☆

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大日ヶ岳・鎌ヶ峰 [山行記録2017]

大日ヶ岳・鎌ヶ峰
   2017/3/20

大日ヶ岳の西尾根を登ってきて、水後山から鎌ヶ峰へ・・・・。
3月10日、16日ピークの遅い新雪で白銀の積雪です。

水後山・山頂 H1558.5m からの展望
鎌ヶ峰 H1666m (別称 おいつるし)
DSC03836.jpg
DSC03834.jpg
DSC03838.jpg

大日ヶ岳
DSC03835.jpg

登ってきた大日ヶ岳西尾根 ~毘沙門岳 は日本の分水嶺上にあります
左:長良川(太平洋)~毘沙門岳
DSC03840.jpg

右:石徹白川(日本海)~荒島岳  
DSC03841.jpg
荒島岳
DSC03842.jpg

現在の県境の峰々    手前のピークはP1540m で、石徹白へのルート?
DSC03844.jpg
野伏岳    ・・・・夏道がなく、この時期が登山シーズンの山
DSC03843.jpg
夏場は樹林で覆われ石徹白側は視界が遮られています。
元々はこの大日ヶ岳・西尾根=分水嶺が福井と岐阜の県境でした。

水後山から鎌ヶ峰へ    雪庇は避けて夏道のある樹林側を・・・・
DSC03847.jpg
DSC03848.jpg
DSC03850.jpg
DSC03851.jpg
一旦下り、鎌ヶ峰へのピークを幾つか上り下り・・・
DSC03852.jpg
DSC03853.jpg
DSC03854.jpg
DSC03855.jpg
DSC03858.jpg
鎌ヶ峰への最後の登り    
DSC03859.jpg
DSC03862.jpg
DSC03864.jpg

鎌ヶ峰山頂 H1666m 着   10:50

   ☆        ☆
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大日ヶ岳・水後山 [山行記録2017]

大日ヶ岳・水後山
  2017/3/20

昨日より良い天気で霞が少ない。 好天です。
3月の新雪で山肌の新雪が眩いです。

WingHills スキー
DSC03771.jpg
DSC03778.jpg

WingHillsスキー場のP1350 からスタート     8:00
DSC03782.jpg
DSC03779.jpg
新雪あとに前日?のトレースが残る・・・・
DSC03781.jpg
ブナの原生林の国有林です。
稜線に近づくと樹間から
大日ヶ岳・西尾根の山々が見え始める・・・
DSC03784.jpg
鎌ヶ峰~裏大日~大日嶽
DSC03793.jpg
大日ヶ岳
DSC03787.jpg
鎌ヶ峰
DSC03786.jpg
DSC03792.jpg

樹林帯を進む
50年前の通称”タコの木”    ・・・今ではキノコが生えてきています
DSC03790.jpg
DSC03795.jpg
更に進む・・・
大日ヶ岳
DSC03803.jpg
鎌ヶ峰
DSC03802.jpg

更に進む
DSC03798.jpg
DSC03804.jpg

水後山の山頂が見え始める・・・
DSC03805.jpg

気分爽快の雪山歩きです
DSC03806.jpg
DSC03807.jpg
DSC03809.jpg
DSC03812.jpg
DSC03813.jpg
少し横は雪庇・・・・
DSC03814.jpg
DSC03818.jpg
DSC03821.jpg

水後山の前峰
DSC03824.jpg
DSC03827.jpg

水後山山頂へは雪庇を避けて、西側を樹林の中を撒いて登る。
水後山 9:27 着。

  ☆     ☆
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋へ [山行記録2017]

山小屋へ
  2017/3/19

連休最後の日、天気も良さそうなので、雪の大日ヶ岳を13年ぶりに登ろうか・・・・。
雪山ですので何時もの二人組で登ります。
で、山小屋へ。
今年の雪は後半型で、3月10日に今期最高積雪を示しています。

山小屋へ
郡上八幡    此処までは雪が見当たりません
DSC03690.jpg
白鳥に近づくにつれ山々は白くなります
DSC03693.jpg
DSC03695.jpg
大日ヶ岳も・・・・
DSC03696.jpg

干田野の里からの大日ヶ岳      春霞??靄っています
DSC03698.jpg
水後山
DSC03702.jpg
鎌ヶ峰
DSC03710.jpg
DSC03701.jpg
裏大日
DSC03704.jpg
大日ヶ岳  と 前大日
DSC03708.jpg
大日ヶ岳
DSC03709.jpg
雪庇が立派に残っています。  明日、登ります。

干田野から前谷の里へ
DSC03719.jpg

天狗落しの壁
DSC03720.jpg
阿弥陀ヶ滝
DSC03724.jpg

霧ヶ滝の壁
DSC03731.jpg
DSC03727.jpg
霧ヶ滝   ・・・水が流れていない?
DSC03729.jpg
DSC03734.jpg
霞ヶ滝   ・・・こちらも水が流れていない??
DSC03730.jpg
DSC03732.jpg

壁の上からの前谷の里
DSC03739.jpg
新檜峠
DSC03741.jpg
岐阜県道路情報では この場所では 3/19 8:00 積雪は139cmでした。

天気予報では、この日迄好天で、明日から下り坂・・・・。
でも、この日も霞んでいて、あまり良くない。

  ☆      ☆
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鈴鹿・溝干山周回 [山行記録2017]

鈴鹿・溝干山周回
   2017/3/13

旧東海道の鈴鹿峠から高畑山に登った後は、稜線沿いに溝干山を経て坂下峠へ下り、更に林道を使って国道1号上り線まで下ります。その後、坂下宿からの旧東海道を通って鈴鹿峠を登り直します。

遠くに溝干山への稜線
170313_112121.jpg
170313_112059.jpg
天気が怪しくなってきた・・・・
170313_112343.jpg

170313_112535.jpg

シャクナゲの群生も・・・・
170313_113050.jpg

北溝干山
170313_113507.jpg

170313_113537.jpg
170313_113836.jpg
溝干山 山頂  H770m
170313_113925.jpg

振り返って、高畑山
170313_113947.jpg
前には坂下峠越えの ???
170313_120340.jpg

一挙に下る。
坂下峠 H622
170313_121000.jpg

一端登り、
???から溝干山を振り返る・・・
170313_122618.jpg
170313_125807.jpg

坂下峠へ戻り、登山道+林道を下る・・・
下るほどに国道1号線を横断、沿って、潜って歩く。

片山神社への道 =旧東海道の道 に入る  H258
170313_135438.jpg
170313_135551.jpg

⇒坂下宿から鈴鹿峠への道
170313_135817.jpg

片山神社
170313_140125.jpg
本殿は???
170313_140523.jpg
位置的にはこの上辺りに鏡岩がある??

旧東海道を鈴鹿峠へ登る
170313_140853.jpg
当時の石畳み??
170313_140944.jpg
国道1号線上りの陸橋を潜って・・・・     (旧道はカット?)
170313_141057.jpg
ここからは旧東海道??     (国道工事の際に造られた公園)
170313_141337.jpg
ここは旧東海道の鈴鹿峠への道
170313_141840.jpg
旧東海道・鈴鹿峠へ戻ってきました  H380
170313_141951.jpg

旧東海道の鈴鹿峠には
大きな石灯籠「万人講常夜燈」が庶民の信仰の力で造られた
170313_143356.jpg
170313_143713.jpg
170313_143553.jpg
四国・金毘羅参りの万人講が道中の安全を祈願し建立。
(但し、鈴鹿トンネル工事の際にここに移動)
重さ28t。高さ5.44m.。

   ☆      ☆
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鈴鹿・高畑山 [山行記録2017]

鈴鹿・高畑山
2017/3/13
  
高校山友の誘いで鈴鹿の高畑山に登ります。

大阪・池田から中国、名神、新名神と乗り継ぎ東に進み、国道1号線を鈴鹿峠へ。
国道1号線上り・鈴鹿トンネルの手前で、旧東海道への道に入る。

茶畑の中の東海自然道を歩き進めると、
道標石柱が並ぶ・・・・
・東海自然歩道の案内板
・東海自然道の道標、
・歴史の道 東海道 (江戸・土山宿・京大阪)
・鈴鹿国定公園
・東海道
DSC00005.jpg
DSC00007.jpg

滋賀県・近江の国と三重県伊勢の国との国堺
DSC00008.jpg

旧東海道 を進む
DSC00009.jpg
鈴鹿峠   H387m
DSC00010.jpg

鈴鹿峠から東海道を離れ高畑山へ
DSC00011.jpg
神社跡
DSC00013.jpg

鈴鹿山の鏡岩
DSC00015.jpg
DSC00014.jpg
DSC00018.jpg
DSC00019.jpg
鏡岩の上からの眺望
DSC00016.jpg
東海道の交通の要衝の一つ、鈴鹿峠越の難所は自動車の通行音が近くに響いています。

登山道は整備されています
DSC00021.jpg
が、所々で両谷は深い・・・・
DSC00022.jpg
直登になる・・・・
DSC00023.jpg
DSC00024.jpg
DSC00027.jpg

稜線に出ると・・・・・
DSC00028.jpg
DSC00029.jpg
所々で雪が残る・・・
DSC00030.jpg
更に登る・・・
DSC00031.jpg
高台の里
DSC00033.jpg

ナイフリッジ
DSC00035.jpg
DSC00036.jpg
高畑山・山頂
DSC00037.jpg
DSC00038.jpg
DSC00039.jpg
DSC00041.jpg
高畑山・山頂  三角点 H772.9m
DSC00044.jpg

  ☆    ☆


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

八ヶ岳・下山 [山行記録2017]

八ヶ岳・下山
  2017/2/26

木柄のピッケルのもう一人は硫黄岳にまで行ってますが、小生体調不良で夏沢峠を散策後に下山です。

シラビソの樹林の中の道を下る
DSC03066.jpg
頭上は青空
DSC03068.jpg
DSC03070.jpg
DSC03069.jpg
DSC03071.jpg
足跡のない時の入山の危険を訴えています 「積雪期の単独入山禁止」
DSC03072.jpg

DSC03073.jpg
DSC03074.jpg
DSC03075.jpg
DSC03076.jpg
DSC03078.jpg
DSC03079.jpg
DSC03081.jpg
DSC03082.jpg
DSC03085.jpg

オーレン小屋      
DSC03086.jpg
小屋の前で小休止。
見上げると・・・
DSC03096.jpg
アップ
DSC03107.jpg
     DSC03108.jpg
          DSC03109.jpg
小屋横の広場・・・
DSC03104.jpg
DSC03099.jpg
DSC03098.jpg

下山途中で・・・
DSC03126.jpg
     DSC03129.jpg
          DSC03131.jpg

更に樹林の道を下り、夏沢鉱泉へ・・・・
DSC03165.jpg

先に下山し、夏沢鉱泉の氷結滝の探索を試みるも、「雪崩れていて入れません」の一言で断念。
その後夏沢小屋で合流し、二人の山行は終わりました。
次の雪山は・・・・。

   ☆      ☆
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

八ヶ岳・夏沢峠 [山行記録2017]

八ヶ岳・夏沢峠
   2017/2/26

根石山荘から箕冠山を経て夏沢峠へ。

根石山荘から稜線へ    ・・・・ガスの合間から太陽が・・・・ 6:58
DSC02894.jpg
DSC02898.jpg
DSC02905.jpg

箕冠山の分岐へ登る
DSC02909.jpg
分岐点から夏沢峠へ稜線を歩く
DSC02910.jpg
DSC02912.jpg
DSC02914.jpg

前から朝日が・・・
DSC02922.jpg
霧氷
DSC02927.jpg
DSC02929.jpg
霧氷の向こうに硫黄岳
DSC02931.jpg
 その横に南アルプス?
DSC02939.jpg
流雲に太陽が隠れる
DSC02944.jpg

夏沢峠へ下る
DSC02948.jpg
DSC02951.jpg
DSC02956.jpg
DSC02958.jpg
DSC02960.jpg
夏沢峠  と山小屋      7:50
DSC02962.jpg
DSC02965.jpg
DSC02968.jpg
夏沢峠からの箕冠山
DSC02974.jpg
小屋の風力発電機のプロペラの内 6/10 が破損。強風で??

硫黄岳のポイント  アップ
DSC02977.jpg
DSC02976.jpg
DSC03061.jpg

登山
DSC02978.jpg
DSC03054.jpg
DSC03055.jpg

  ☆        ☆
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

八ヶ岳・根石山荘 [山行記録2017]

八ヶ岳・根石山荘
   2017/2/25~26

根石岳と箕冠山との壁に遮られた風は鞍部に強風となって通過しますが、根石山荘はその鞍部の一角に、強風の流れを避けるように建てられています。

根石山荘
DSC02815.jpg
旧館              新館
DSC02818.jpg
DSC02819-1.jpg
DSC02820.jpg
旧館玄関で受付
DSC02822.jpg

冬季仕様の山小屋は
 飲料水はバケツから柄杓で・・・。 (推測ですが圧力鍋での沸騰水では??)
 排水は別のバケツに集め、流し台には流さない。
 男女別室のトイレの流し水、手洗水はバケツから柄杓で。紙は別BOXへ。
 部屋には石油ストーブ。  部屋にハンガーがあり、乾燥室はない。
 寝床は下はマット毛布、上は厚い毛布2枚+上布団  
           20時以降暖房無しでも暖かかった。
 受付と食堂は旧館で 薪ストーブ と石油ストーブ(昼のみ?)
 旧館と新館の移動はスリッパ。 

新館2F
DSC02834.jpg
DSC02824.jpg
16:02       太陽光で氷片は少なくなっている
DSC02826.jpg
16:21       風が強まり、寒くなってきた?
DSC02832.jpg

窓越しの夕日    16:48
DSC02836.jpg
DSC02840.jpg
17:17
DSC02842.jpg
DSC02844.jpg
DSC02845.jpg
DSC02850.jpg
幻日?  ガラスの水滴に反射?    17:28
DSC02852.jpg
DSC02861.jpg
DSC02860.jpg
17:30
DSC02871.jpg
17:33
DSC02883.jpg
17:30~18:10 食事

18:36    茅野市街?      ・・・ガスの中でしょうか、星が見えません
DSC02884.jpg

・・・一晩中強風が吹いていました。

翌朝 2/26        
5:07     ガスの中   ・・・日の出は望めない
DSC02885.jpg
6:14            ・・・風が少し弱まってきています
DSC02888.jpg
6:17 新館2F の窓は凍結
DSC02889.jpg

雰囲気から感じたのは山小屋利用者には山岳会関係の皆さんが多いようで、ガイド+登山者や某社のツアー客もおられました。

    ☆       ☆
タグ:根石山荘
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

八ヶ岳・根石岳 [山行記録2017]

八ヶ岳・根石岳
      2017/2/25

箕冠山から根石岳へ

箕冠山から狭くなったトレースの跡を下る
DSC02757.jpg
間もなく、前が広がり始める
DSC02758.jpg

すると、
一挙に眼前が広がる
DSC02760.jpg
アップ
西天狗岳
DSC02761.jpg
手前の根石岳 と奥の東天狗岳
DSC02762.jpg
根石岳山荘  の鳥瞰    ・・・・横を通っても気になりにくい山小屋?
DSC02768.jpg

更に下り始めます
DSC02771.jpg

回りは 霧氷が・・・・
DSC02773.jpg
DSC02774.jpg

樹林帯なって防風効果があればまっすぐに立つが、
この鞍部は強風の通り過ぎ、樹勢を押し殺します
DSC02769.jpg
ハイマツも伸びません
DSC02784.jpg

振り返ると 樹林帯と 手前の強風帯
DSC02778.jpg
DSC02780.jpg
DSC02783.jpg

鞍部から根石岳への道は 雪交じりの礫の道
DSC02785.jpg
柵にはエビの尻尾が成長しています
DSC02788.jpg

道標には根石岳山荘の案内も   
DSC02789.jpg
小屋は屋根が僅かに見えるだけなのでガスの時には必要な道標です。
根石岳山荘の位置は稜線より少し下った窪地
DSC02791.jpg

登り途中から
DSC02792.jpg

根石岳・山頂 H603
DSC02814.jpg
山頂からの展望
硫黄岳~赤岳~阿弥陀ヶ岳
DSC02793.jpg
奥に南アルプス
DSC02795.jpg
奥に中央アルプス
DSC02796.jpg
西天狗岳 と東天狗岳
DSC02797.jpg
DSC02801.jpg
アップ  赤岳
DSC02808.jpg
浅間山
DSC02807.jpg

   ☆      ☆


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

八ヶ岳・箕冠山 [山行記録2017]

八ヶ岳・箕冠山  (ミカブリヤマ)
   2017/2/25

オーレン小屋からしらびそ林の中を箕冠山へ直登します。

箕冠山への登山道を登る
DSC02697.jpg
DSC02699.jpg
青空が望めるようになると、霧氷が垣間見るようになってくる
DSC02700.jpg
DSC02701.jpg
DSC02702.jpg
DSC02704.jpg
DSC02705.jpg
DSC02706.jpg
DSC02709.jpg
空路・・・
DSC02711.jpg
立ち枯れゾーン
DSC02714.jpg
更に進む・・・・
DSC02716.jpg
DSC02721.jpg

樹氷? 霧氷?
DSC02722.jpg
DSC02724.jpg
DSC02726.jpg
DSC02727.jpg
DSC02728.jpg
DSC02729.jpg
DSC02730.jpg
DSC02731.jpg

振り返ると、
登るほどに変わる八ヶ岳の山々
DSC02733.jpg
DSC02742.jpg
DSC02744.jpg
DSC02745.jpg
DSC02746.jpg
更に進むと・・・
DSC02751.jpg
DSC02752.jpg

箕冠山・山頂H2578 ちかくの道標
DSC02754.jpg

   ☆       ☆


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

八ヶ岳・オーレン小屋 [山行記録2017]

八ヶ岳・オーレン小屋
2017/2/25

夏沢鉱泉H2055 からオーレン小屋H2318へ・・・
夏沢鉱泉からオーレン小屋までは沢沿いに東に進む。

夏沢鉱泉前から即登り始める
DSC02674.jpg
しらびそ林の中の道
DSC02675.jpg
所々は広場? 雪崩?
DSC02679.jpg
温泉小屋? 
DSC02680.jpg
沢沿い右岸を登る
DSC02681.jpg
沢を渡り、左岸を登る
DSC02682.jpg
DSC02685.jpg
青空が広がる
DSC02686.jpg
DSC02689.jpg
オーレン小屋    
DSC02690.jpg
DSC03088.jpg
硫黄岳 と神社建屋
DSC02693.jpg

オーレン小屋東端の道標
DSC02696.jpg
箕冠山・天狗岳方面は冬季間ルート不明につき「入山注意」の表示あるも、夏沢鉱泉の人に「現在はルートが明確でOK」の言葉をもらう。

   ☆     ☆
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の30件 | - 山行記録2017 ブログトップ
メッセージを送る