So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

山小屋からの帰路 [山小屋2019]

山小屋からの帰路
   2019/2/11

帰路の頃
雪が降り始めてて・・・・

DSC02404.jpg
DSC02406.jpg
DSC02410.jpg
森を抜ける
DSC02430.jpg

新檜峠
DSC02434.jpg
DSC02437.jpg

下山
DSC02439.jpg
警官立会いのスリップ事故
DSC02447.jpg
ヘアピンカーブに差し掛かる・・・
DSC02452.jpg
DSC02455.jpg

霧ヶ滝 が凍結
DSC02458.jpg
霞ヶ滝 も凍結
DSC02459.jpg

霧が滝の壁 遠景
DSC02460.jpg
DSC02465.jpg

前谷の里も雪の中
DSC02471.jpg

それから、
地元の自治会長さんとお会いして、一仕事でした。

今は山小屋を建てた頃のOBが管理人で、建てた頃には小学生で、山小屋の存在をご存知の皆さんが地元自治会におられる。 これからも、このように地元との接触を保ちながら山小屋を末永く維持でることを願っています。

   ☆     ☆


タグ:山小屋 帰路
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋・散策 [山小屋2019]

山小屋周辺の散策
    2019/2/10

部員は雪上訓練、OBもミニ登山と出かけました。 
で、一人です。

小屋周辺の杉
DSC02224.jpg

散策に出かけます
DSC02236.jpg
DSC02237.jpg

林道を遡ります
DSC02238.jpg
DSC02241.jpg
既に”根開き” が生まれています
DSC02246.jpg
DSC02256.jpg

うさぎの足跡も・・・
DSC02255.jpg
DSC02261.jpg
DSC02270.jpg
DSC02271.jpg

湧水源も今年は雪に埋まっていません
DSC02273.jpg
が、120mだけ保温した全長450mの水道管は雪に埋まってくれて、風による温度降下は影響はないようで、断水は発生していません。 
湧水11L/min が確保できています。 一安心です!!

昨年は断水していて、3月には友人たちを誘うことができませんでした。
今年は大丈夫です。

   ☆     ☆
タグ:山小屋
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋生活 [山小屋2019]

山小屋生活
  2019/2/10

少ない積雪ですが、それなりの小屋周辺の山には積雪がありますので、部員は雪上訓練をしています。 雪山登山訓練、滑落訓練、・・・・。
指導者の方針によって部員の意識が変わってくるのでしょう。

この地に山小屋を建設した要因の一つが「この地が”雪山登山のメッカ”」との言葉。
福井・勝山の法恩寺山での冬合宿に雪山登山の指導者として地元の先生を招聘しましたが、山小屋建設の話をしていると、先生から先ほどの言葉が・・・。 それから現地調査を重ねていました。
そして、周囲に何もないこの地に設置場所を決め、S41年山小屋を建設です。 その地が平安時代からの白山・美濃禅定道に当たっているとは、後に知ることになります。

当初はもちろん部員たちは地域で大いに活動していましたが・・・・・。
やっと、山小屋も再び現役部員によって活用され始めてきました。
少し嬉しくなってきています。

夜中の山小屋
DSC02217.jpg 

樹間からの朝日
DSC02221.jpg
DSC02225.jpg

雪降し後でも周囲は雪で埋まっていません     
DSC02400.jpg
DSC02332.jpg
DSC02329.jpg
DSC02319.jpg
1Fの室内からの風景
DSC02360.jpg
DSC02361.jpg
DSC02362.jpg
DSC02359.jpg
2Fの窓から
DSC02339.jpg
DSC02344.jpg
DSC02346.jpg

外気温度が零下で昼でも薪ストーブ    
DSC02363.jpg
DSC02370.jpg
DSC02374.jpg
DSC02381.jpg
DSC02367.jpg

一昨年新設した新しい水道と、旧水道との切換え弁  とそれ用の雪囲い
DSC02395.jpg
残念ながら、旧水道は水源の枯渇が進んできています。 
OBOG会総会で「委員会に任せておいてくれ!」と少し強引でしたが、新設しておいてよかった!!

太陽光発電を便利に利用できている新旧のバッテリー      
DSC02398.jpg
少人数なら発電機は使用することはなくなってきました。
便利になりました。 
ここ10数年前にはランプ、ろうそくの生活でしたからね。

   ☆      ☆

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

雪の山小屋 [山小屋2019]

雪の山小屋
   2019/2/9

峠の積雪データは県道情報で入手していますが、峠と森に囲まれた小屋では積雪が違います。
森林の樹木に積もった雪が風で2次降雪となり、屋根上は1~2割増の積雪を想定しています。

学生部員と顧問教官とOBが 9/7日から入って、雪降しとその後は雪山の訓練です。
そこに、今回の山小屋に年寄りOBが参加するのは 山小屋管理運営委員会の開催も目的です。
現役部員3、顧問教官1、OB3 の委員会は一同に会して討議する機会が難しく、ほとんどは国際会議で使っていた紙上討議書で実施していました。 
 が、これからの委員会の存続に関するビックな議題があるので、初めて山小屋冬合宿にOB委員が押しかけて実施です。

2005年度の豪雪時、屋根の上に3.5m積もりましたが、その時、植林の杉が積雪でモンスター状態で音の反響がなく、透視が全くできない状態で、入舎に苦労した経験があり、積雪期の入口を決め一直線で入舎できるようにルートを決めました。

森に入ります       院生のOBが先行します    ・・・ついていけないペース
DSC02154.jpg
DSC02155.jpg
直進すると
杉の植林の合間に小屋が見え始めます
DSC02164.jpg
DSC02168.jpg
大屋根・積雪80cmの雪降しは完了・・・
DSC02170.jpg
既に、雪で遊んでいるようです        
DSC02172.jpg
・・・実は、残念ながら、私が小屋番をしている最近13年、OBが薦めても昨年まで遊ぶ部員がいなかった。
OBの小学生の子供は遊んで、それに釣られて部員が遊んだことが一度だけ。 それが、顧問教官が変わって2年目、意識が変わってきた?、期待が生まれました。

積雪地の山小屋ですので、中2階からの入舎が基本です
DSC02174.jpg

積雪期は12月のワークで雨戸を12mmのポリカーボネート板で明り取り
DSC02177.jpg
DSC02178.jpg
DSC02179.jpg
DSC02180.jpg

その内に降雪・・・
DSC02181.jpg
DSC02182.jpg

山小屋管理運営委員会 はストーブを囲んで・・・・   
DSC02185.jpg

夕べ・・・・
食当は夕食の準備
DSC02204.jpg
夕食
DSC02205.jpg
DSC02206.jpg

その後
あの中途半端な雪洞をブロックを追加、
が、積雪が少なく、一部がブルーシートを利用することになったとか     
DSC02234.jpg
4人が一晩泊る
DSC02214.jpg

  ☆      ☆

タグ:山小屋
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

里から山小屋へ [山小屋2019]

里から山小屋へ
   2019/2/9

この先、国道は白川郷へ進みますが(右)・・・
この分岐で県道(左)に入ります
DSC02100.jpg
前谷の里に入ると雪の里山模様に・・・・
DSC02101.jpg
前谷川
DSC02103.jpg
里の中にも残雪と 里の一番奥の壁も白い
DSC02104.jpg
DSC02106.jpg
DSC02108.jpg
更に里の奥に進むと・・・・
DSC02109.jpg

前谷川上流
DSC02111.jpg
その先にある阿弥陀ヶ滝への道は除雪前で、車は入れません
DSC02113.jpg
県道からの阿弥陀ヶ滝
DSC02117.jpg

天狗落しの壁
DSC02110.jpg
DSC02119.jpg

霧ヶ滝の壁
DSC02123.jpg
霞ヶ滝
DSC02125.jpg
霧ヶ滝
DSC02129.jpg

天狗落しの壁の上から前谷の里
DSC02139.jpg

峠への道
DSC02143.jpg
DSC02146.jpg
DSC02148.jpg
新檜峠
DSC02149.jpg

   ☆      ☆
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

降雪の山小屋へ [山小屋2019]

降雪期の山小屋へ
   2019/2/9

この前の山小屋は12/8.9日ですので、久しぶりの山小屋です。
山小屋近くの積雪記録で発表していたので、降雪の少ない山小屋の状況は想定していますが・・・・

名神高速道
伊吹山
DSC02045.jpg
北陸道との分岐点
DSC02050.jpg
DSC02047.jpg

東海北陸道に入って最初のトンネル1/56 の山    全くの雪無し状態
DSC02051.jpg
長良川SA   長良川は???    代り映え無・・・
DSC02055.jpg

奥美濃の入口・郡上八幡 
DSC02062.jpg
ぎふ大和        ・・・・ここまでは冬景色なし  
DSC02066.jpg

最後のトンネル27/56      
DSC02071.jpg
トンネルを抜ければ、そこは雪国・・・??     まだ?   まだ?

大日ヶ岳が出てきて、やっと白いものが・・・・    里には雪はなし
DSC02072.jpg
白鳥IC近く
DSC02077.jpg
毘沙門岳    
DSC02084.jpg

近くの山にも雪が残っている
DSC02087.jpg
白鳥ICの出口道の脇に残雪がわずかに残っています。
やっと、雪国風情が わずかに現れました。

白鳥から北上するほどに
最初は 雪国風情なし
DSC02089.jpg
あぜ道、森影に白いものが残るようになってきました
DSC02092.jpg

長良川鉄道、国道、長良川が隣り合って並走しています。
長良川の河原にも残雪
DSC02093.jpg
美濃禅定道の美濃馬場・長滝白山神社
DSC02095.jpg
長良川鉄道・終点・北濃駅     構内に所々に残雪が見えます
DSC02099.jpg
旧・国鉄・越美南線です。

   ☆      ☆


タグ:山小屋
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

山小屋の積雪 [山小屋2019]

今季・山小屋の積雪
    2019/2/5

奥美濃の山小屋近くの積雪です。

大学1回生の時に山小屋建設の建議を聞き、2回生から資金集めの活動、3回生時には建設場所の決定、4回生時には整地を見学、卒業1年目に竣工したクラブの山小屋です。その後50数年、資金源は宿泊料とOBOG会の会費と寄付金のみ。  大学からは税金分相当の補助を受けています。
  
で、山小屋の番人を請けた2005年度から山小屋の積雪情報をOBOG会に報告しています。

2018年度・県道積雪情報からの檜峠のデータ
2019-2-5 jpg.jpg
実は、県道積雪情報は過去には24時間分のデータが表示されましたが、近年は1時間で更新です。 で、夜間の数時間のデータは抜けています。 
ご了解願います。

今冬季は矢張り、暖冬なのでしょう、積雪は2015年度冬季に近い積雪です。
7日からは部員が雪降しワークと雪上訓練に入ります。

   ☆       ☆


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

シクラメン [近郊2019]

シクラメン

縁側は温室になっています。
昼寝にも良い・・・・。 

古い家の軒先の長さでは冬に陽が部屋に入り、夏には陽は室内に入らない。 経験則を生かしている構造です。

縁側のシクラメン
DSC01919.jpg
DSC01920.jpg
DSC01921.jpg
DSC01922.jpg

DSC04126.jpg
DSC04127.jpg

DSC04135.jpg
DSC04129.jpg
DSC04136.jpg

山小屋の軒先は1mあります。
これも雪国の経験則を生かしているのでしょうね。
薪割りした薪を1年間干すには丁度良い長さです。

  ☆       ☆
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

六甲山に積雪? [近郊2019]

六甲山に積雪?
  2019/2/1

この寒波で
表六甲山に珍しく雪?  
190201_113810.jpg
190201_114411.jpg
よ~く見てみると雲でしょう??
こんなに表六甲に雪が降るわけないよね!

五月山
190201_115546.jpg
中山
190201_115340.jpg

  ☆      ☆
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

服部緑地公園・梅開花 [近郊2019]

服部緑地公園・梅開花
   2019/1/30

冬景色の服部緑地公園ですが・・・・

服部緑地公園の梅林の一部にピンク色が・・・・・
DSC02002.jpg
DSC02011.jpg

DSC02020.jpg
DSC02021.jpg
DSC02010.jpg
紅梅の開花が進んでいます
DSC02013.jpg
DSC02012.jpg
DSC02014.jpg
DSC02015.jpg

白梅はまだ芽吹きのころ
DSC02003.jpg
DSC02006.jpg
DSC02007.jpg
DSC02008.jpg
DSC02005.jpg

梅園の横・中央円形公園の周囲を長距離走??
DSC02009.jpg

   ☆      ☆
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

山ヶ池の鳥たち [近郊2019]

服部緑地公園・山ヶ池
   2019/1/30

冬模様の山ヶ池
DSC01944.jpg
カモが騒いでいます
DSC01939.jpg
母娘がエサを与えていました     
DSC01936.jpg
実は、どこかのオジサンが娘さんにエサを手渡して、その間は母娘の後に控えていました。 そして、母娘が去ると、オジサンがエサを与えていました。
何か、その心使いに嬉しい気持ちになりました。
多分、ヌートリアにはエサを与えていないと思いますが・・・・。
そう、願っています。

遠くには カワウが羽根を乾かし、アオサギが一休み   10:17
DSC01954.jpg

池を一周してくると・・・               
DSC02043.jpg
まだそのままに・・・・              10:57
DSC02031.jpg
DSC02036.jpg
DSC02034.jpg
”柵の中には人は来ない”と理解しているようです。

   ☆     ☆
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

猪名川遡行・市街地 [近郊2019]

猪名川遡行・市街地?
  2019/1/27

田能遺跡公園から猪名川の風情は変わります。
猪名川の河口は大阪湾に近い工場地帯から住宅地へと変化しましたが、その後府県市町村の複雑な境界線近くは環境施設、空港、競馬場、公園が続いていました。

田能遺跡公園前の猪名川の堰堤に登ると・・・
下流には広い河原と水道橋
DSC04403.jpg
上流には広い河原には歩道もできて、前には 
猪名川橋
DSC04404.jpg
右岸には尼崎の農業公園、水道施設・・・・
DSC04406.jpg
神津大橋    この先が猪名川は藻川に分流ポイントです
DSC04408.jpg
更に進むと、   
JR伊丹駅 周辺のビックなスーパーマーケット、映画館、駐車場・・・・
DSC04409.jpg
余談ながら、昨年の台風21号でマンションの屋根が吹き飛ばされた??
猪名川は海からの強風の通路?
     DSC04412.jpg

桑津橋      豊中市と伊丹市との交流道路
DSC04414.jpg
この辺りの河原は橋の下流側は少年野球場(現在工事中)
上流は少年サッカー場
DSC04415.jpg
堰堤上には 紀貫之の歌碑が・・・  
「千鳥なく ゐなの河原をみるときは 大和恋しく 思はゆるかな」
DSC04418.jpg(猪名川)

大阪空港の北端
DSC04427.jpg
DSC04437.jpg

大阪空港北端には 猪名川・・・  
左側の中山山塊 と 右側の五月山の間を遡ります
DSC04444.jpg
箕面大滝からの箕面川を歩いて渡る    伏流?
DSC04446.jpg

軍行橋    伊丹市と池田市の交流道路   
      ・・・近くに戦前の軍隊、現在の自衛隊の駐屯地があります
DSC04451.jpg
新旧の架橋
DSC04457.jpg
更に広い河原を遡る
DSC04459.jpg
阪神高速 は 猪名川に沿って走る
DSC04460.jpg
中国道の橋
DSC04464.jpg
堰堤は広い河原の運動場と阪神高速道に挟まれて・・・
DSC04469.jpg
更に進むと、
阪神高速道は堰堤を超え、猪名川を超えて対岸に進みます
DSC04470.jpg

阪急・宝塚線     右は池田駅、左は川西能勢口駅
DSC04472.jpg

五月山の近くの呉服橋    ・・・今回の目標とする橋です
DSC04474.jpg
9:30~14:30 9人 4時間半+  16+km でした。

   ☆

数年前まで一緒に歩いていたメンバーが待っている川西能勢口駅近くのお好み焼き店で10名で反省会です。  そして、10人中7人がさらに駅近くではしご酒・・・・。

帰る列車は”宝塚歌劇場”・・・
DSC04493.jpg
   DSC04494.jpg
      DSC04495.jpg
時刻は六甲山に陽が沈んだところ・・・・
DSC04489 (1).jpg

  ☆     ☆

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

猪名川遡行・河口から [近郊2019]

猪名川遡行・河口から
   2019/1/27>

池高・登ろう会は
今年は趣を変えて一級河川・猪名川を遡行からスタートします。
今回は”平坦な歩き”ということで、後高生が9名も集まりました。

神戸、京都、大阪の三都からの集合場所はJR東西線・加島駅です。
新しい尼崎~大阪・京橋を結ぶJRには未だ使ったことはないですが、小生は阪急・神戸線・神崎川駅から歩いて集合です。

加島駅から先ず、神崎川を渡ります。 大阪市→尼崎市
毛斯倫(モスリン)大橋  ・・元々は毛斯倫紡績(株)への私設橋だった
DSC04298.jpg
DSC04299.jpg
下流
DSC04303.jpg
上流
DSC04300.jpg
川は神崎川 で 猪名川が合流し、大阪湾に通じます。

橋から見える神崎川へのゲートは旧猪名川からの合流口
DSC04305.jpg
DSC04304.jpg

その傍にある河原から 毛斯倫大橋を潜って歩き始めます
DSC04308.jpg

猪名川が神崎川に合流するポイントです    新幹線が通ります
DSC04312.jpg
ここから猪名川を遡ります。

しばらくすると・・・・
藻川が猪名川左岸に合流します      中央の豆島は合流点の先端
DSC04315.jpg
藻川は猪名川の氾濫対策に造成された人工河川です。

今日は一級河川・猪名川の左岸を遡ります。
この地域は大阪から神戸に通じる産業用の幹線道路、鉄道が通るので多くの橋が架かります。
猪名川は基本的に中央線が大阪府と兵庫県との境界線になっていますが、下流地域は部分的には可成り入り組んで複雑になっている箇所が多々あります。

最初の橋は 戸ノ内橋
DSC04321.jpg
更に、阪急電鉄・神戸線
DSC04321.jpg
名神高速道
DSC04330.jpg
河原を進みます
DSC04333.jpg

猪名川は中央が大阪府と兵庫県との境界線ですが、下流地域は部分的には可成り入り組んで複雑になっている箇所が多々あります。

人道橋
DSC04345.jpg

猪名川は中央が大阪府と兵庫県との境界線ですが、下流地域は部分的には可成り入り組んで複雑になっている箇所が多々あります。

内環状線
DSC04349.jpg
珍しく人が通る・・・・ カモたちは川中へ
DSC04353.jpg
川が浅くなり、雰囲気が変わってきました
DSC04372.jpg
工事?
DSC04378.jpg
手前は人道橋
DSC04382.jpg
もう一本は車道橋は架け替え工事中
DSC04383.jpg

猪名川と千里川の合流ポイント
DSC04386.jpg
千里川は大阪空港の外側を流れています
DSC04388.jpg

田能遺跡公園     大阪空港の拡張工事でこの場所に移転
DSC04401.jpg
DSC04400.jpg

   ☆       ☆
タグ:猪名川 遡行
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

漁港? [近郊2019]

漁港
     2019/1/25

明石・江井ヶ島海岸を歩いていて、 砂防堰堤を超えると・・・・
DSC04242.jpg 小さい小さい漁港がありました      ・・・・そばには療養所? DSC04220.jpg DSC04233.jpg

DSC04246.jpg DSC04244.jpg DSC04222 (1).jpg

海水も奇麗・・・ DSC04227.jpg DSC04232 (1).jpg

DSC04249.jpg DSC04250.jpg DSC04254.jpg DSC04255.jpg DSC04256.jpg DSC04257.jpg DSC04259.jpg

DSC04278.jpg DSC04284.jpg

   ☆      ☆
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

瀬戸内の波 [近郊2019]

瀬戸内の波
     2019/1/25

遊歩道を歩くだけでは我慢できず、海辺に降ります。
砂 と 玉砂利 の浜辺 DSC04201.jpg 黒く塗れているな所が波の移動範囲です。
波音も立てない波ですが・・・・ DSC04202.jpg
押し波と引き波
DSC04205.jpg DSC04208.jpg DSC04209.jpg
DSC04216.jpg

DSC04218.jpg
DSC04238.jpg

☆       ☆
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

瀬戸内海の岸辺 [近郊2019]

瀬戸内海の岸辺
          2019/1/25

残念ながら青空と青い大海原ではありませんが、 薄日射す瀬戸内の遊歩道に沿って歩きます。

沖のノリ養殖の筏があるので、荒立つ波はなく、穏やかそのものです DSC04170.jpg DSC04172.jpg
歩くほどに岬に隠れていた明石架橋が現れてきます DSC04180.jpg

季節外ですが 海苔採取船もいます・・・・ DSC04183.jpg DSC04267.jpg
その沖合は播磨灘、海上交通の要衝です DSC04176.jpg DSC04174 (1).jpg DSC04186.jpg DSC04190.jpg DSC04194.jpg DSC04200.jpg

DSC04180.jpg
DSC04199.jpg   ☆       ☆

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

江井ヶ島海岸 [近郊2019]

江井ヶ島海岸
    2019/1/25

場所は明石です。
縁あって、良く歩いた海岸です。    夕日はきれいですよ!

山陽電鉄・中八木駅下車で江井ヶ島海岸へ散策していると、
海岸近くでは幼稚園児が団体で前を歩いています。

降り口
DSC04144.jpg
降り口からの展望
崖の下に瀬戸内海、向かいに淡路島
DSC04145.jpg
少し下ると視界が広がります。    
江井ヶ島から明石・林崎までの海岸沿いの遊歩道と淡路島
DSC04147.jpg
アップすると
明石架橋 の淡路島橋脚
DSC04148.jpg

反対側は 江井ヶ島方面
DSC04151.jpg
海岸の砂浜には 幼稚園児が遊んでいます
DSC04154.jpg
DSC04181.jpg
更に下ると遊歩道路
DSC04163.jpg
この崖の下の遊歩道沿いには古の歴史が刻まれていました。
アカシゾウ発見!
DSC04159.jpg
DSC04160.jpg
少し江井ヶ島方向に歩くと・・・
明石原人発見!
DSC04260.jpg

    ☆     ☆

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夜明け前のお月さん [近郊2019]

夜明け前のお月さん
   2019/1/23

夜明け前、青空が覗き始めたころ・・・
月齢 16.7        6:55
DSC01906 (1).jpg
少し陽の当たり具合が変わった??
DSC01908.jpg
色合いが少し違ってきました。

で、露出を変えると・・・
クレータが見えるように      6:57
DSC01910.jpg
DSC01910 (1).jpg
DSC01910 (2).jpg
6:58
DSC01912 (2).jpg
DSC01912 (4).jpg
DSC01912 (7).jpg

月面は常に同じ面を向いている。
とのことですが、1分間でクレータが動いている?
ではなく、お月さんが痩せているから?

全体画像はそのままですが、拡大はトリミングでアップしています。
三脚を使えばもっと鮮明に撮れるのでしょうか?

   ☆      ☆
タグ:お月さん
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

冬季の服部緑地公園 [近郊2019]

冬模様の服部緑地公園
   2018/1/21

西中央広場  松以外は落葉です
DSC01787.jpg
DSC01788.jpg

山ヶ池は ハスの枯葉
DSC01797.jpg
DSC01796.jpg
水面にも太陽が輝く・・・・
DSC01812.jpg
DSC01837.jpg

菰ヶ池
DSC01841.jpg
DSC01843.jpg
DSC01849.jpg
DSC01866.jpg
DSC01859.jpg
DSC01854.jpg

池の周囲の森の中を走って周回します・・・
DSC01847.jpg

メタセコイヤも落葉完了
DSC01851.jpg
DSC01860.jpg
DSC01864.jpg

服部緑地公園も冬模様です。

   ☆      ☆
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

新年最初の満月 [近郊2019]

新年最初の満月
   2019/1/21

新年の満月です。  1/21 12:00 月齢15.1

満月   
DSC01780.jpg
3:15  月齢14.8

   ☆      ☆


タグ:満月
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の20件 | -