So-net無料ブログ作成

山小屋へ [山小屋 2017]

山小屋へ
  2017/1/28

山小屋の大屋根に積もった積雪の雪降しのために新檜峠に向かいます。

干田野から前谷の里へ下る
DSC01106.jpg
前谷の里を県道R314で通り抜け、檜峠へ
DSC01107.jpg

天狗落しの壁  ヘアピンカーブが2か所
DSC01110.jpg
阿弥陀ヶ滝 遠望
DSC01113.jpg
天狗落しの壁 との間に スノーシェッド を経て 霧ヶ滝の壁  遠望
DSC01116.jpg
霧ヶ滝    水はなし、氷だけ
DSC01117.jpg
霞ヶ滝    濡れているだけで、水は???
DSC01119.jpg
直下の県道から眺めます
霞ヶ滝
DSC01123.jpg
霧ヶ滝
DSC01127.jpg

スノーシェッド    このお陰で大雨でも遮断されることはなくなりました
DSC01129.jpg
DSC01130.jpg
スノーシェッドを抜けると前にヘアピンカーブ   中部電力の最後の街灯があります
DSC01131.jpg
DSC01132.jpg
街灯ポイントを通ると 次のヘアピンカーブ   ・・・真っ白な壁ではなかった・・・
DSC01133.jpg
DSC01137.jpg
以降、檜峠の北陸電力の電柱まで電柱はなく、通信用電信柱しかありません。越境合併の関係で旧配電のままになっています。

ここからは傾斜は緩くなります。
DSC01139.jpg
DSC01140.jpg
DSC01141.jpg
DSC01142.jpg
DSC01143.jpg
DSC01144.jpg

新檜峠
DSC01411.jpg
積雪期は除雪機が駐機      
DSC01409.jpg

この県道R314は昭和33年に石徹白が福井県から岐阜県に越境合併した時にできた道路です。

県道R314の
檜峠・旧道・標高図.jpg
       (国土地理院1/2.5万の読み取りデータですので誤差はあります)
開通まで石徹白の皆さんは旧道=白山禅定道を歩いておられました。

   ☆      ☆

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0